このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告で英会話スクールの集客を成功させる秘訣とは? 手法や事例を紹介

制作提供:株式会社 デジタルアイデンティティ

英会話スクールの集客にはさまざまな方法があります。チラシの配布、ポスターの作成、地域情報誌への掲載などの手法で集客している方も多いのではないでしょうか。

インターネットが普及し、多くの人が情報収集にインターネットを使っている昨今では「Web広告」の活用もおすすめです。本記事では、Web広告を利用して英会話スクールの集客を成功させる秘訣とポイントを解説します。

従来の英会話スクールの集客・広告は?

従来の英会話スクールの集客方法としてはチラシ、ポスター、情報誌などのアナログ的な手法が主流でした。これらの集客方法は限られたエリアに情報を配布できるため、地域密着型の英会話スクールにとってある程度の集客が期待できました。

こうしたアナログな手法は今でも有効ですが、最適な集客方法は時代とともに変化しています。インターネットにおける情報収集が主流になり、集客方法もアナログからデジタルへと移行しています。

「開業したのに生徒が集まらない」、「見学の問い合わせが以前より減ってきた」、「生徒数が年々減少している」といった悩みを抱えているのであれば、集客の方法が適切でないのかもしれません。従来の集客方法にプラスしてWeb広告による集客も検討するとよいでしょう。

英会話スクールの集客にWeb広告が向いている理由

ここでは、英会話スクールの集客にWeb広告が向いている理由を3つ紹介します。

見込みの高いユーザーやターゲットに絞って集客できる

チラシやポスターなどの従来の集客方法はエリアを絞ってアプローチできますが、年齢や性別、興味などの詳細なターゲティングができません。特定のエリアに数多くのチラシやポスターを配布し、その中から見込みユーザーを絞り出します。

一方、例えばWeb広告の手法のひとつである「ディスプレイ広告」では、年齢や性別といったユーザーの属性や興味関心のあるジャンルなどでターゲティングできます。また「リスティング広告(検索広告)」はユーザーが検索したキーワードにあわせて広告を表示するため、最初から見込みの高いユーザーに絞って集客できます。

効果測定と改善がおこないやすい

Web広告の大きなメリットとして、効果測定がしやすい点が挙げられます。
Web広告では、広告がどれだけクリックされ、そこからコンバージョンに至ったユーザーがどれだけいたかなど、さまざまな成果が数値で確認でき、費用対効果の分析が可能です。 これにより、成果をもとにした改善もしやすいため、広告を出して終わりではなく継続的な改善ができるようになります。

スクールの特徴を明確に伝えられる

フリーペーパーや地域情報誌では掲載できる情報が限られています。そのため、視覚的にスクールの魅力を十分に伝えられないことがあります。
Web広告では、広告をクリックした後のページを自由に制作できます。スクールの特徴や他のスクールとの違いなど伝えたい情報を発信することで、存分に魅力を伝えることが可能です。

英会話スクールの集客に向いているWeb広告は?

Web広告にはさまざまな種類がありますが、英会話スクールには「リスティング広告」がおすすめです。ここでは、Yahoo!広告を例に詳しくご紹介します。

Yahoo!広告では「検索広告」がリスティング広告にあたります。「検索広告」は、ユーザーが検索したキーワードに応じて検索結果ページにテキスト広告が表示される仕組みです。
英会話スクールに興味がわいたり具体的なスクールを探したりしたいタイミングで広告を見てもらえるほか、地域や時間帯、曜日でターゲティングができます。スクールと親和性の高いユーザーに絞ってアプローチできるため、英会話スクールの集客に適しています。

課金方法は「クリック課金型」で、広告がクリックされた場合のみ費用が発生します。そのため、広告が掲載されても、クリックされなければ料金はかかりません。また、予算を自由に設定できるため、少額からでもはじめられます。

あなたの商品・サービスを探している人に届く! Yahoo!広告について詳しく見る

英会話スクールのWeb広告、成功のためのポイント

Yahoo!広告では、予算やキーワードを設定して広告を作成すればすぐに運用がスタートできます。
Web広告をはじめる前に知っておきたい、英会話スクールの集客を成功させるためのポイントを見ていきましょう。

年齢、地域、レベルなどスクールのターゲットを明確にする

まずは、英会話スクールのターゲットを明確にします。明らかにしておきたい指標としては対象年齢や地域、スクールでカバーできるレベルなどがあります。
子ども向けなのか、大人向けなのか、また地域やレベルによっても届けるべき情報は異なります。Web広告を通して誰に何を伝えたいのか、あらかじめしっかりと決めておきましょう。

ターゲットに合わせて情報の優先度を決定する

ターゲットを明確にしたら、次はそのターゲットに合わせて適切な情報を洗い出します。

例えば子供向けの英会話スクールであれば目標や講師の人柄や通いやすさ、大人向けの英会話スクールであれば会話レベルや料金など、ターゲットの知りたい情報を整理し、情報の優先順位を決めます。

また、同じ情報であってもターゲットに合わせて見せ方を変えることで、より効果的な集客が可能です。

効果を見つつ広告をカスタマイズする

Web広告は「出稿すれば終わり」ではありません。ユーザーの反応を確かめ、どれほど効果があるのかを見ながら広告をカスタマイズすることが大切です。
あまり反応が良くない場合は広告文やターゲティングなどに問題があるのかもしれません。トライ&エラーを積み重ね、カスタマイズしながら広告を運用しましょう。

Yahoo!広告では、広告効果を高めるアドバイスが受けられるアフターサポートや設定代行サービスがあるので、専門知識ない方でも安心して活用できます。

ユーザーに刺さる英会話スクールの広告を作成するには

ユーザーに刺さる英会話スクールの広告を作成するためには3つの秘訣があります。

ターゲットに向けた文言で作成する

子供向けの英会話スクールでは、親に安心感を与えられるような文言がよいでしょう。一方、大人向けの英会話スクールでは実績を数値で示すのが効果的です。また、生徒のコメントを掲載するのもおすすめです。

ターゲットを惹きつける文言やキャッチコピーを意識することで、より効果的なWeb広告が作成できます。

スクールの魅力を伝え、差別化する

広告ではスクールの魅力を伝えるとともに、同業他社との差別化も重要です。そのためには「TOEICで〇点アップ!」といった具体的な数値を掲載しましょう。

また、受験に特化したスクールであれば合格実績、ビジネス英会話に特化したスクールであれば講師の経歴をアピールするのも効果的です。

レッスン体験などハードルが低い内容から訴求する

英会話スクールへの申し込みは、情報収集しているユーザーにとってはハードルが高すぎる可能性があります。そのため、まずはレッスン体験などハードルが低い内容を記載しましょう。

無料体験やワンコイン体験などさらにハードルを低く設定すれば、ユーザーも気軽に試すことができます。まずは「Web広告をきっかけにスクールに足を運んでもらうこと」をゴールにしてみるのも有効です。

まとめ

本記事では英会話スクールにおける集客方法やWeb広告について解説しました。従来はチラシをはじめとしたアナログな集客方法が効果的でしたが、インターネットの普及にともない、デジタル施策も必要不可欠と言えます。

ターゲティングしやすい英会話スクールの集客では、特にリスティング広告が効果的です。Yahoo!広告では予算に合わせて広告が配信できるだけでなく、効果を測定しながらカスタマイズできます。英会話スクールの集客に悩んでいる方や、これからデジタル手法を試したい方は、ぜひご検討ください。

日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

関連記事

<< 記事一覧に戻る
本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード