このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

インターネット(Web)広告に必要な費用は?
課金方法や費用を抑えるためのポイントも解説

制作提供:株式会社 デジタルアイデンティティ

インターネット(Web)広告はリスティング広告やバナー広告のほか、最近ではSNS広告や動画広告なども一般化しており、広告フォーマットや掲載方式の種類が広がっています。
広告を掲載する場合、広告費が必要になります。広告費は広告の種類や掲載方式で異なってくるため、Web広告を掲載するにはどのように費用が決まるのか、どのくらい予算が必要なのかなど、費用について知る必要があるでしょう。

ここではWeb広告の掲載にかかる費用、課金方式、広告費を抑えるための工夫をご紹介します。

Web広告の費用はどのように決まる?

Web広告は大きく「純広告」と「運用型広告」の2種類に分けられます。

・「純広告」とは
純広告は広告枠を一定期間買い取る方式となるため、掲載金額や掲載期間などがあらかじめ決められています。広告枠ごとに費用設定が異なるので、どの広告枠を買い取るかを判断することで費用をコントロールできます。

・「運用型広告」とは
リスティング広告に代表されるような運用型広告は、文字通り広告を自分で運用していくタイプの広告形態です。
広告枠の選択や入札額の設定、ターゲティング、広告文などを広告主が自ら設定・変更し、配信をおこないます。広告費は、クリック課金、インプレッション課金、エンゲージメント課金、広告視聴課金など、課金方式ごとに規定がありますが、少額費用からスタートし運用していく中で、ある程度費用のコントロールが可能な点が特徴です。

ここからは、課金方式の特徴をそれぞれ紹介します。

クリック課金

広告を1回クリックするごとに広告費が発生する課金方式です。
リスティング広告、ディスプレイ広告、リターゲティング広告、ネイティブ広告、SNS広告など多くのWeb広告がこの課金方式を採用しています。

インプレッション課金

広告が表示されるたびに課金される仕組みです。1,000回表示されるごとに課金が発生する「CPM課金」、動画再生されるたびに課金が発生する「CPV課金」など、いくつかの種類があります。多くのユーザーに見てもらえるように配信されるため、認知拡大に向いています。

エンゲージメント課金

クリックに限らず、シェアやダウンロードなど事前に広告主が設定したユーザーの行動がおこなわれるたびに費用が発生する課金方式です。「ユーザーにしてほしいアクション」に指標を置くことができます。

インプレッション保証型

広告の表示回数ごとに料金を設定する課金方式です。Yahoo!などのポータルサイトやPV数エンゲージメント課金の多いサイトで採用されているケースが多くなっています。100万インプレッション保証でクリック単価1円であれば、広告費は100万円です。実際に100万回広告が表示されるまで掲載されます。

PV保証型

広告ページのPV数を保証する期間契約型の課金方式です。保証されたPV数が達成されると費用が発生します。記事広告の掲載によく見られます。

掲載保証型

情報サイトやビジネスサイト、ポータルサイトなど、Webサイトの特定ページへの掲載を保証する広告です。記事広告でよく見られる方式で、料金設定が高い傾向にあります。

期間保証型

広告の掲載が一定期間保証され、その期間に応じて費用が変動する課金方式です。

成果報酬

商品購入やユーザー登録、アプリダウンロードなど、コンバージョンごとに費用が発生する課金方式です。

Web広告をはじめるのに必要な予算は?

Web広告は「どのような広告を打つか」によって予算が異なります。それぞれの広告の特徴を知り、商品やサービス、ビジネスにもっとも合った広告を選択しましょう。

また、予算について考える際には「継続的な運用」を視野に入れる必要があります。
リスティング広告やSNS広告、記事広告、バナー広告など、それぞれの広告種類ごとに最低出稿価格が決められている場合があります。
しかし広告は出稿するのが目的ではなく、リードやコンバージョンを獲得することが目的となります。成果を出すためには、広告を出稿したあとで1ヵ月から2ヵ月程度、場合によってはそれ以上の期間運用し、その中で出てきた成果や課題を分析して新たな広告施策を打ち出し、広告をよりよいものにしていく必要があります。

もちろん最初から成果が出れば問題ありませんが、それでもさらに効果を上げるための改善は必要です。そうした検証と改善にかかる費用も予算に組み込んで予算を設定しましょう。

Web広告とマス広告で予算はどのくらい違う?

Web広告とマス広告では、一般的にマス広告の方が多額の予算が必要です。

例えば新聞の場合、全国紙の1面広告(全15段広告)で1段あたり約2,657,000円前後、経済紙でも1段あたり約1,360,000円と多額の費用がかかります。雑誌では、隔週発売で30万部以上発行されている雑誌の場合、カラー1ページの広告費は約2,500,000円です。

テレビCMは放送局や提供番組で異なりますが、放映費と製作費の二種類の費用が必要です。 例えばCM制作パッケージを利用した場合、15秒のCMで約500,000円以上かかります。ラジオCMも同様に放送局や時間帯で変わりますが、20秒のCMを1本流した場合、約150,000円程度(時間帯や番組により異なる)かかります。

参考:
朝日新聞「朝日新聞 広告料金表」
日本経済新聞「広告料金表」
オレンジページ「オレンジページ本誌 広告表」
CM制作情報 TBSラジオ「ラジオCM制作基本料金」
TBSテレビ 営業サイト「CM制作パッケージ」

一方、Web広告はクリックされた数や動画が視聴された回数によって費用が発生するため、広告の対象となるビジネスによって一般的な費用は大きく異なります。

最適な広告費は「目標を1件獲得するのに必要な単価」(=CPA)×「獲得したい件数」で決まります。
例えば「サイト上での購入1件あたり1,000円までなら広告費が払える、でも、月に100件は購入されないと厳しい」という場合であれば、

1,000円×100件=100,000円

が目安の予算となります。

日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

広告代理店に依頼するとどのくらい予算が必要?

広告代理店に運用を依頼する場合、一般的には上述の金額におおよそ20%程度の手数料が上乗せされます。
例えば、15万円を広告費とする場合、代理店費用として3万円程度を見込み、実質12万円の中での運用となります。

代理店に依頼すれば運用やレポート、改善などを任せることができます。これまでに蓄積したナレッジや経験のもと運用してもらえるので、より確実に効果を上げたい場合には大きなメリットとなる可能性があります。
しかし一方で、「自分で成果を見ながら運用できる」というのもWeb広告の特徴です。最初からすべてを任せるのではなく、試しに少額ではじめてみるというのもおすすめです。

Web広告の費用を抑えるためのポイント

Web広告の費用を抑えるには「いかに無駄を省けるか」が大切です。リスティング広告であれば、ターゲットを明確にして広告を見てほしい人だけに広告を表示させるなど、商材に関係のない不要なキーワードでのクリックを避けるだけでもコストカットが可能です。

また、商材にあった広告媒体や配信方法の選択すること、店舗誘導が広告の目的であればその店舗や施設がある地域に広告配信を限定したりすることも効果的です。

広告の成果をウォッチし継続的に改善をおこなうことで、より効果的な広告掲載と集客が叶うでしょう。

不要なキーワードを除外する

出稿するキーワードを厳選し、関係性の薄いキーワードを除外します。一時的にクリック数は落ちますが、見込みのないユーザーのクリックを抑えることができます。

例えば、さまざまなブランドを取り扱っているアパレルショップのリスティング広告を出す場合、一般的には「ブランド名+アイテム名」「ブランド名+商品名」などでキーワードを設定しますが、自社で取り扱っていないブランドの商品を探しているユーザーにまで広告が表示される可能性があります。

しかし、取り扱いのないブランド名をあらかじめ除外しておくと、そのブランドの商品を探しているユーザーへの表示を防ぎ、クリックを避けることができます。

誰に広告を表示させたいか、ターゲットを明確にする

Web広告では地域や性別、年齢層などの属性で配信するユーザーを限定できます(※広告の種類によって異なります)。
もし商材が特定の年齢層や趣味嗜好に偏っている場合は、ターゲットを絞り込み、商品のユーザー層だけに向けて広告を配信すべきでしょう。
逆に、明らかに自社の商品やサービスの客層ではない人たちに配信し無駄なクリックが増えてしまうと、広告費がかさんでしまいます。

目的や商材に合った広告フォーマットを選ぶ

広告の目的は、商品販売だけとは限りません。例えば、商品やブランドをより広く世の中の人に知ってもらうために広告を出すという場合もあるでしょう。

認知を増やすためには露出を増やす必要があります。その場合、バナー広告やディスプレイ広告、動画広告が向いています。
また、「検討段階のユーザーにアプローチしたい」という場合はリスティング広告、「まだニーズが潜在的なユーザーにアプローチして意識を引き上げたい」という場合は記事広告などが向いています。

広告配信の目的を明らかにしたうえで、効果が出そうな広告フォーマットを選びましょう。

成果確認し継続的に改善をおこなう

どのようなWeb広告でも同じことがいえますが、広告のクリック率とコンバージョン率は定期的にチェックし、改善を繰り返していくことが大切です。クリック率が悪ければクリエイティブを変更したり、配信先の絞り込みを考えたりする必要があります。
またコンバージョン数が取れていなければ、配信している広告枠を変えることや別の広告種別に切り替えるなどの対策をとる必要があります。

検索ユーザーにとってクリックしたくなる広告であれば、リスティング広告に関わる「広告の品質」の指標が良くなります。キーワードと商材、ランディングページのコンテンツとキーワードの親和性や表示速度にも気をつけ、読み込みが遅いのであれば画像を圧縮する、スマホ対応していないのであればスマホ対応にするなどといった対応も重要です。これらは品質スコアの上昇に関連するため、改善のポイントとして覚えておきましょう。

まとめ

ここまでWeb広告の掲出にかかる費用、課金方式、広告費を少しでも安くするための工夫などについて紹介してきました。

広告の種類とそれぞれの特徴を踏まえながら、広告掲出の目的を明確にしたうえで選びましょう。ぜひYahoo!広告を活用して最適な広告配信をおこない、コンバージョンにつなげていきましょう。

日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

関連記事

<< 記事一覧に戻る
本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード