このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

ビッグワードとは? 主な特徴とリスティング広告との相性を解説

ビッグワードとは、検索ボリュームが多いキーワードです。もし検索結果の上位に表示されれば、自社サイトへ多くの流入が見込めます。しかし、SEO対策ですぐに上位表示されるのは難しいため、リスティング広告を活用する企業も少なくありません。

本記事では、ビッグワードの特徴やリスティング広告にビッグワードを設定するメリット、注意点などをご紹介します。ビッグワードとリスティング広告の特徴を知り、広告運用の成果を高めましょう。

ビッグワードとは?

Webマーケティングで使われるビッグワードとは、検索エンジンで多くのユーザーから検索されるキーワードです。具体的な例として、「クレジットカード」「生命保険」「格安スマホ」などのキーワードがビッグワードとして挙げられます。また複合ワードでは「漫画 無料」「時計 修理」なども分類されます。

ビックワードの特徴は、単ワードが多く、抽象的で汎用的なワードであることです。多くのユーザーからさまざまな検索意図で入力されるため、検索数が多くなります。そのため、検索上位に自社サイトが表示される、もしくはリスティング広告が掲載されると、短期間で多くのアクセスが見込めます。

ビッグワードと対比される用語は、スモールワードやミドルワードです。スモールワードはビックワードの反対で、検索ボリュームが少ないキーワードを意味します。一方ミドルワードは、ビックワードとスモールワードの中間の検索ボリュームのキーワードです。

ビッグワード・ミドルワード・スモールワード

ビッグワードの主な特徴

ビッグワードの特徴は、検索数が多いこと、多様な検索意図が含まれていること、競争が激しいことです。ビッグワードの上位表示を目指す前に、これらの特徴をよく知っておきましょう。

月間の検索数が多い

一般的にビックワードの月間検索回数は、1万回以上とされています。ただし、厳密な定義はないため、あくまで目安にしておきましょう。

仮に検索回数が1万回のビッグワードで、検索上位に自社サイトが掲載されるようになったとします。この場合、ユーザー数に対するクリック率が10%なら、自社サイトへ月に1,000人を集客できる計算になります。

さまざまな検索意図が内包されやすい

ビッグワードは数多くのユーザーが多様な検索意図で入力しているため、検索意図がみえにくい傾向があります。例えば、「そば」で検索すれば、そばのレシピ、歴史、有名なそば屋、さらにはそばに関連した最近のニュースなど、多様な情報が検索上位に掲載されています。

したがって、さまざまなユーザーニーズに応えるためには、コンテンツに網羅性を持たせることが必要です。SEO対策で検索上位サイトの内容を盛り込むことが多い理由も、ユーザーニーズを満たすためです。検索エンジンは、網羅的な内容を持つサイト、つまり多くのユーザーのニーズを満たすサイトを高く評価する傾向があります。

ただし、企業にとっては、検索結果の上位表示はあくまで中間目標に過ぎません。自社の商品やサービスに無関係なユーザーからのアクセスが増えても、成果につながらない可能性があります。さまざまな検索意図が内包されるビッグワードでは、具体的な施策につなげにくい傾向もあることを知っておきましょう。

競合サイトが多い

ビッグワードは短期間で多くのクリック数が見込めることから、上位表示しようと競争が熾烈です。特にビジネスにつながりやすいキーワードは、大企業が運営しているメディアや各企業の公式サイトなどが上位表示を狙っています。さらには、中小企業や個人のアフィリエイターも、上位表示を目指してコンテンツを制作しています。

競合サイトが多いなか、上位表示を獲得するのは容易ではありません。上位表示するためには、ユーザーニーズに応える質の高いサイトやコンテンツを作る必要があります。また、これらは短期間で模倣される可能性があるため、定期的なブラッシュアップも欠かせません。資金や人的リソースにどれほどの余裕があるのか、事前に見積もっておきましょう。

ビッグワードとリスティング広告の相性

リスティング広告はビッグワードと相性がよく、効果的に活用できます。ビッグワードをSEO対策で上位表示するのは難しいですが、SEO対策よりも少ない工数でビッグワードの検索結果画面に広告を掲載できます。また、繁忙期に広告を停止するなど、タイミング調整も簡単です。

リスティング広告を活用しない場合、成果が出るまで数ヵ月かかる、上位表示されても競合会社に置き換えられてしまうなどの事案が起きるかもしれません。そのため、対策の負担が大きくなります。また、ビッグワードで上位表示させるには、SEOやマーケティングに関する専門的な知識も必要です。短期的に成果を出したい場合は、リスティング広告が向いています。

特にリスティング広告を有効活用できるのは、企業名、商品名、サービス名の認知が進んでいる企業です。この場合はビッグワードと関連して、企業名や商品名などのキーワードも検索されやすく、広告の表示回数が増えます。

リスティング広告について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

リスティング広告とは? 初心者でもわかる特徴や費用、運用方法」を読む

ビッグワードをリスティング広告で配信するメリット

リスティング広告のキーワードにビッグワードを登録すると、短期間で成果を出せ、広告運用を改善できる可能性があります。ここでは、ビッグワードをリスティング広告で配信するメリットについて詳しくご紹介します。

広告の表示回数が多くなる

ビッグワードは検索数が多いため、短期間に何度も広告を表示したい場合に向きます。そのため、認知度向上やブランディングを目的とした広告に適しています。リスティング広告は、複数キーワードを掛け合わせるほど、特定のニーズを持った顕在層に絞れることがメリットです。しかし、ビックワードを使えば、広範囲に広告を表示することもできます。

新たな検索キーワードが発見できる

たくさんのユーザーが検索するビックワードをキーワード登録しておくと、関連するさまざまな検索語句に反応し、広告が表示されることがあります。例えば、ビッグワードと広告の説明文に含まれたキーワードが関連付けられたり、自社サイトの内容と連動したりして、特定のユーザーに広告が表示されます。

これらの履歴は、Web広告の管理画面から検索クエリと呼ばれる検索意図やニーズのレポートで確認できます。そこで追加するべきキーワードを見つけたり、予想していなかったユーザーニーズを発見できたりすることがあります。

サイト内の問題点を発見しやすくなる

ビッグワードでリスティング広告をおこなうと広告表示数や流入数が多くなるため、データが短期間で集まり、課題や問題点を発見しやすくなります。顧客データが不足している場合や、素早くサンプル数を集めたい場合などは、ビッグワードを活用しましょう。

例えば、ランディングページのABテストを実施したい場合は、スモールワードではなかなか検証が進みませんが、ビッグワードであれば短期間で済みます。また、多くのユーザーをサイトに誘導できれば、サイト内の行動データも集まります。どのページのアクセスが多かったのか、どこで離脱したのかなどを分析して、迅速にPDCAを回せるでしょう。

ビッグワードをリスティング広告で配信する際の注意点

膨大な数の流入があるビックワードのリスティング広告では、予算やアクセス状況を適切にモニターする必要があります。また、競合サイトの調査をおこなうことも重要です。

ここでは、ビックワードをリスティング広告で配信する際の注意点について、詳しくご紹介します。

予算の消化状況を見極める

ビッグワードは検索数が多く、クリック数も多くなりがちです。ただし、多様なユーザーが集まるため、自社の商品やサービスにあまり関心がないユーザーもクリックする可能性があります。結果として、広告費を早期に使い切ってしまうリスクもあります。

そのため、ビッグワードはミドルワードやスモールワードよりも、入札単価の設定や予算の消化状況を厳しく監視する必要があります。広告を掲載したい期間が決まっている場合は、予算配分も考えなければなりません。

除外キーワードを設定する

キーワードを設定する際には、登録されたキーワードと照らし合わせ、どのような場合に広告を表示するかを決定します。その方法をマッチタイプといいます。マッチタイプには「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3種類があり、検索数が多いキーワードでも、親和性が低いキーワードや成果につながらないと思われるキーワードは除外しましょう。

除外キーワード(対象外キーワード)を設定すると、そのキーワードを使って検索したユーザーに広告が表示されなくなります。その結果、自社商品やサービスと関連性の低いユーザーの流入を減らすことができ、商品購入や問い合わせなどのコンバージョン率も高まります。

例えば、サプリを取り扱うECショップが「サプリ」をキーワード登録したとします。すると、「サプリ 健康」のように関連性が高いキーワードだけでなく、「サプリ 英語」や「サプリ 売りたい」などで検索された場合も、広告表示されることがあります。この場合、「サプリ 英語」「サプリ 売りたい」を除外キーワードに指定して、広告を停止します。

キーワードのマッチタイプについては、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

リスティング広告のキーワード選定方法は? 作成の手順や注意点も解説」を読む

競合サイトの調査をおこなう

ビッグワードは競合が激しいため、競合サイトを研究し、タイトルや説明文を工夫しなければなりません。ビッグワードの検索結果では、ユーザーがリスティング広告同士を比較検討しやすい傾向があります。また、大手企業もリスティング広告を出稿しているため、信頼度や知名度で不利になるケースもあります。

自社広告をクリックしてもらうためには、自社の強みやオリジナリティが何かを検討し、競合他社と差別化を図りましょう。訴求ポイントを変えてみるのもよい方法です。

まとめ

検索ボリュームの多いビッグワードは、短期間の認知度の向上や、自社サイトへの流入数を増やす可能性のあるキーワードです。一方、良質なコンテンツを作り、SEO対策を実施しても上位表示させることは簡単ではありません。

そのような場合は、リスティング広告を活用しましょう。少額からの費用ですぐに広告を掲載でき、掲載期間や予算も管理しやすいメリットがあります。Yahoo!広告では、6,800万人のユーザーが利用するYahoo! JAPANにリスティング広告を掲載できます。初心者でも使いやすい予算管理やキーワード設定、成果測定が充実しているので、ぜひご活用ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み