このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

リスティング広告代理店はどう選ぶ?失敗しないための検討ポイント

リスティング広告に取り組む際、自分で運用するか広告代理店に依頼するか悩む方は少なくありません。また、過去に自分で運用してみたが思うように成果が出ず、広告代理店に頼ってみようと考えるケースも。
本記事では、リスティング広告代理店の選び方や失敗しないために知っておきたいポイントをご紹介します。

結果が出せるリスティング広告代理店とは?

リスティング広告の運用代行を含め、Web広告の運用代行を手がけている広告代理店は数多く存在します。そのなかから、どの代理店が自社にとって最善の選択肢かどうかを見極めるのはなかなか難しいのではないでしょうか。
まずは、広告代理店を選ぶ際に比較すべき「ポイント」を知っておくことが重要です。まずはヒアリングの機会を設け、十分な情報を入手したうえで候補を絞り込むのがおすすめです。

結果を出せる広告代理店は、次のような特徴を備えています。

幅広い業界や業種でリスティング広告の運用実績を有していること

豊富な実績を有する広告代理店は、過去に手がけた成功事例や失敗事例をもとに、的確な提案をおこなうことができます。その業界や業種ではまだ誰もチャレンジしていない施策を提案してくれる可能性もあります。

マーケティング全般への幅広い視野や経験を有していること

SEO対策やSNS運用、イベントの企画運営、コンテンツ制作など、マーケティング全般に対する幅広い視野を有している広告代理店は、広告キャンペーンの細部と全体像の両面で的確な提案を行えます。さらに、リスティング広告に限定されないアプローチを提案できます。

特に、マーケティングのさまざまなニーズにワンストップで対応してくれる広告代理店の場合、例えば広告の目的に沿ったランディングページの制作などもあわせて外注できる点で、より一貫性と関連度の高い広告キャンペーン展開が期待できます。

会社の目線に立って応援してくれるパートナーであること

会社の事業を理解し、ビジネス課題を共有し、担当者であるあなたの目線に立って広告運用を応援するパートナーになってくれるかどうかも、見極めるべき重要ポイントです。

ただし希望に沿うばかりではなく、方向性が違っていれば指摘するなど、本当にその広告で目的が達成できるのか、ビジネス成長につながるかを考えて提案してくれる代理店を選ぶことが大切です。

リスティング広告代理店を利用するメリット

リスティング広告の運用を広告代理店に依頼すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。 ポイントごとにご紹介します。

プロの担当者に運用してもらえる

ゼロの状態から広告の運用担当者を育成するのは、時間もコストもかかります。
外部のプロに運用を一任すればその必要がなくなり、社内のリソースを他の重要なミッションに割ける分、業務効率化が期待できます。
また、知識と経験が豊富な担当者に運用を任せられれば、結果が出るまでの時間短縮にもつながります。

ナレッジを共有してもらえる

豊富な知識と経験を有する広告代理店に運用を代行してもらえれば、彼らがこれまで蓄積したナレッジを共有してもらえるため、経験や知識不足を一気に解消できます。

サイト改善の提案をしてもらえる

リスティング広告によるパフォーマンスの良し悪しは、ランディングページの作りに左右される場合もあります。Webマーケティングに精通している広告代理店なら、リスティング広告の内容とあわせてサイト側の改善点も見出し、パフォーマンス向上に必要なアドバイスを提供してくれます。

代理店を利用せず自分で運用するメリット

広告代理店を使わずに、自社運用で得られるメリットもあります。

まず、自力で試行錯誤しながら運用するなかでノウハウを蓄積できます。広告代理店に一任するとその機会がないため、知識やテクニックを積み上げていくことは期待できません。

次に、広告代理店を使用する場合は、初期段階から相当の広告費を投じる必要があるため、具体的な広告効果につなげられるかどうか不安が残ります。自社運用なら、例えばもっとも安い出稿料金から試してみるなど、広告施策の内容を自由に調整できます。

さらに、自分たちが思う商品やサービスの魅力をそのまま伝えられることや、商品・サービスへの想いを込めることができることもメリットといえます。

もしもまだ一度もリスティング広告に触れたことがないのであれば、試しに自分で運用してみて、ある程度リスティング広告の基礎がわかったところで「代理店を利用する」という選択肢を検討してみるのがよいでしょう。
リスティング広告やWebマーケティングにおいて課題に感じるポイントがはっきりすれば、まったく知識がない状態で代理店を比較検討するよりも判断しやすくなります。

リスティング広告代理店を選ぶ際のポイント

それでは、実際に広告代理店を選ぶ際に役立つ具体的なポイントをご紹介します。

リスティング広告に精通した担当者がいるか

前述のとおり、プロに広告の運用を依頼するメリットの1つは「短期で結果が出せる可能性が高いこと」です。
そのために自社のニーズを満たす、リスティング広告に精通した人材がいるかどうか確認しましょう。

頼みたい業界やビジネスに詳しい担当者がいるか

業界やビジネスによって意識すべきポイントや戦略、最適なアプローチが異なってきます。
その業界やビジネスに詳しい、または経験がある担当者が運用チーム内にいるかどうかも大事なポイントです。
さらに、特定の分野のみでなく他の業界や業種においても豊富な知識・経験を有する担当者なら、過去にない新たな視点からの提案を受けるメリットも期待できます。

1人あたりの広告運用担当数はどのくらいか

スタッフ1人あたりの広告運用担当数は、広告代理店によって異なりますが、なるべく具体的な数がわかるに越したことはありません。
例えば、1人が10件以上の広告運用を担当しているような企業の場合、それだけ自社の案件に割いてもらえる時間が減ることを意味します。対応が雑になる分、パフォーマンスが伸び悩む可能性もあるので、注意が必要です。

広告アカウントを共有してもらえるか

広告代理店によっては、「ナレッジ流出を防ぐため」などの理由から使用している広告アカウントの共有を渋る場合があります。ですが現在の運用内容を把握するためにも、アカウントを共有してもらうことが望ましいです。
もしどうしても共有が難しい場合は、代わりにどのようなかたちで運用状況を共有してくれるのか確認しましょう。

中途解約が可能か、契約期間はどのくらいか

将来的な解約やリプレイスの可能性も考えて、中途解約が可能か、契約期間はどのくらいかを確認する必要があります。
契約書の条項にも含める必要があるので、この2点に関してどこまで合意できるかを事前につかんでおきましょう。

最低出稿金額はいくらか

多くの広告代理店では「最低出稿金額」を設定しています。その金額と予算が合うかどうか確認しましょう。

なお、最低出稿金額が安いか高いかは直接的な判断ポイントではありません。広告投資に見合うだけの結果をきっちり出せるかどうかを見極める必要があります。予算や費用について考える際は、料金体系の情報をしっかり説明してくれるかを確認しましょう。

レポーティングや定期的な報告があるか

広告運用の経過状況や成果をわかりやすく報告してくれるか、成果が悪い場合は改善施策を提案してくれるかは、広告代理店を選ぶ際に非常に重要なポイントです。定期的な報告を受けられるか、相互に注目すべき指標やKPIが一致しているかなど、レポーティング体制の透明性・安定性を確認しましょう。

媒体の認定パートナーか

広告代理店の強みは、幅広い広告メディアに関する知見や実績を有していることです。なかには、広告代理店を通してのみ出稿できるメディアも存在します。

一部の広告メディアでは、認定パートナー制度を設けています。認定パートナーであることは、そのメディアでの広告運用に関して深い見識と豊富な経験を有していることの証明です。活用したい広告メディアがある程度定まっている場合は、着目すべきポイントの1つです。

例えばYahoo!広告の場合は、運用代行と自社運用の両面で、各専門領域に特化したYahoo!広告の認定パートナーからサポートを受けられるプログラムがあります。
ご興味のある方は以下をご覧ください。

Yahoo!広告のパートナー制度について詳しく見る

リスティング広告運用手数料の目安

リスティング広告運用を依頼する場合、特に気になるのが運用手数料(コスト)の問題です。一般的には、広告費の20%が相場といわれています。

大半のケースでは、広告代理店は最低限の利益を確保するために、代行運用手数料に最低ラインを設けています。広告代理店からの請求額がこの最低手数料を下回ることはないため、広告費用の金額によってはかえって損をしてしまう可能性があり、注意が必要です。

また、運用手数料に初期費用が上乗せされるケースもあります。広告メディアでアカウントを新規開設する、広告キャンペーンを設定するなどの事前準備に対して請求される料金です。すでに広告アカウントを有しており、広告キャンペーンも実施済みなどの理由でこうした準備が不要の場合は、初期費用を除外してもらえるかを交渉することがおすすめです。

リスティング広告代理店を乗り換える(リプレイスする)には

広告代理店にリスティング広告の運用代行を依頼したものの、実際にサービス提供がはじまったあとで、別の会社に乗り換えたい(リプレイスしたい)と思うこともあります。

- レポーティング体制が十分ではない
- パフォーマンスに不満がある
- レスポンスが遅い
- 提案が上がってこない
- PDCAが回されているか不明
- 担当者が頻繁に替わる

上記のような理由が原因で広告代理店に対する不満が募り、乗り換えが起こるのは、珍しいことではありません。

リプレイスを検討する前に、まずは広告代理店側の担当者に疑問や不満を伝えてみることが肝心です。代理店とクライアントとの間で注目すべき指標や成功基準などにズレがあり、ミスコミニュケーションが起こっている可能性があります。相互に抱えている齟齬が解消されれば状況が改善され、リプレイスせずに済むかもしれません。

不満を伝えたあとも改善が見られず問題が解消されないようであれば、本格的にリプレイスを検討しましょう。その場合は、広告運用に使用しているアカウントを共有してもらいます。

しっかりと自社の目的やニーズを理解し、納得のいくサービスを提供してくれる広告代理店を選ぶことが肝心です。

まとめ

リスティング広告の運用効果を高めるうえで、豊富な知見や実績を有する広告代理店を利用するのは賢明な選択です。プロの担当者に運用を頼めば、自力では得られないナレッジを共有してもらい、サイト改善に向けた提案も得られるなど、さまざまなメリットが期待できます。

一方で、広告代理店を利用すれば、必ず満足のいくパフォーマンスやサービスが得られるとは限りません。現状への不満や課題を相談したあとも状況が改善されないようであれば、解約やリプレイスを検討しましょう。

広告代理店に依頼する代わりに、自分でリスティング広告を運用するのも1つの手です。Yahoo!広告では専門スタッフから広告運用のアバイスが受けられるなど、サポート体制が充実しているのが特徴です。ぜひご検討ください。

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

検索広告を始めると広告料金
25,000円分プレゼント

今すぐ申し込む

広告料金25,000円分をプレゼント

詳しくはこちら ≫