このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

リスティング広告の文字数を解説! 広告文のポイントと効果的な作り方

リスティング広告には検索広告やディスプレイ広告などいくつか種類があります。その種類によって作り方のポイントやルールが異なってきます。
これからリスティング広告を利用したいと考えている方や、成果が振るわないなどの悩みを抱えている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

リスティング広告の最適な文字数と上限

リスティング広告は表示できる文字数の上限が決まっています。制限された文字数のなかでユーザーに内容を伝え、興味関心を引いてコンバージョンにつなげる広告にしていかねばなりません。

ユーザーが検索結果画面で広告を目にするのは一瞬です。その短い時間で思わず目を止めてしまうような、広告を見ている人に瞬間的にその内容が伝わるようなテキストを作る必要があります。

本記事では、リスティング広告の種類ごとに文字数の上限と最適な文字数をご紹介します。

リスティング広告の構成要素

Yahoo!広告 拡大テキスト広告

Yahoo!広告の拡大テキスト広告(検索広告)は、以下のような構成になっています。

項目 文字数 備考
タイトル1 30文字以内 全角および半角カナ:2文字、半角英数記号:1文字
タイトル2 30文字以内
タイトル3(任意) 30文字以内
説明文1 90文字以内
説明文2(任意) 90文字以内
表示URL ディレクトリ1 15文字以内 全角および半角カナ:2文字、半角英数記号:1文字
表示URL ディレクトリ2 15文字以内

※2021年8月時点

文字数はタイトル、説明文ともに最大値が示されていますが、これらが広告としてすべて掲載されるとは限りません。プレビュー時に全文が見えていても、検索結果画面では異なる表示になるケースがあります。

特に注意すべきはタイトル部分の文字配分です。以下の対応をおすすめします。

  • キーワードを含んだ伝えたい内容は「タイトル1」に記載する
  • 「タイトル2」の10文字目までに重要な情報を記載する
  • 表示されなくても問題ない情報は「タイトル3」へ記載

説明文についても、タイトルのすぐ下にある「説明文1」に伝えたいことをすべて記載し、「説明文2」には優先度の低い情報を記載するのが効果的です。

Yahoo!広告 検索広告 動的検索連動型広告(DAS)

Yahoo!広告の動的検索連動型広告(DAS)の構成は以下のとおりです。拡大広告との大きな違いは、タイトルが自動的に挿入される点です。

項目 文字数 備考
タイトル 自動生成のため不要
説明文1 90文字以内 全角および半角カナ:2文字、半角英数記号:1文字
説明文2(任意) 90文字以内
表示URL 自動生成のため不要

※2021年8月時点

タイトルは自動生成されますが、説明文は作る必要があります。ただ、自動生成されたキーワードを含むタイトルに目がいくため、拡大テキスト広告のようにキーワードやLPの内容との関連性にこだわって何パターンも作成する必要はありません。なるべく内容を整理し、シンプルにまとめましょう。

動的検索連動型広告には「かんたんDAS」というサービスもあります。こちらは広告アカウント内に用意されている機能で、少ない手順で手軽にDAS広告の作成、運用が始められます。広告管理者は、WebサイトのURLや一日の予算を設定すれば、あとは自動的に広告を生成してくれるため便利です。

「かんたんDAS」について、こちらでも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
かんたんDASを利用する」について詳しく見る

Yahoo!広告 広告表示オプション

Yahoo!広告の広告表示オプションとは、リスティング広告の下部に付加情報を追加できる機能のことです。広告表示オプションには、クリックリンクオプション、電話番号オプション、テキスト補足オプション、カテゴリ補足オプションの4種類がありますが、そのなかで文字数の制限がある項目は以下のとおりです。

クイックリンクオプション

項目 文字数 備考
リンクテキスト 25文字以内 全角および半角カナ:2文字、半角英数記号:1文字
クイックリンク説明文1 35文字以内
クイックリンク説明文2 35文字以内

広告タイトルには別のリンクテキストを記述することで、クリック率向上を図れます。クイックリンクオプションを使う場合はリンクテキストが必須です。クイックリンクの説明文は任意ですが、入力する際は説明文1と2の両方を入力しなければなりません。

テキスト補足オプション

項目 文字数 備考
補足用テキスト 25文字以内 全角および半角カナ:2文字、半角英数記号:1文字

補足用テキスト広告のタイトル、説明文への付加情報を入力できます。ただし、補足用テキストには、タイトルや説明文、クイックリンクオプション、ほかの補足用テキストと同じテキストは登録できません。

カテゴリ補足オプション

項目 文字数 備考
補足内容 25文字以内
(1個につき)
全角および半角カナ:2文字、半角英数記号:1文字

商品の特徴を表す細かなカテゴリを追加できます。例えば、和菓子店の場合、「大福」「羊かん」などを登録するなどです。カテゴリ補足オプションは3個以上必要で、最大10個まで設定できます。

Yahoo!広告の広告表示オプションについて、こちらでも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

広告表示オプションとは」を詳しく見る

リスティング広告の構成要素は?

まずはリスティング広告の構成要素からみていきましょう。

リスティング広告の構成要素

リスティング広告は検索連動型広告とも呼ばれ、「広告の見出し文(タイトル)」「説明文」、広告の「リンク先URL」という3つの要素で構成されています。また、「広告表示オプション」によって表示する情報を追加できます。

この広告表示オプションについては後ほど詳しく説明しますが、例えば電話番号を表示させたり、補足のテキストを表示させたりできます。

リスティング広告について詳しく知りたい方は、以下の記事を併せてご覧ください。
リスティング広告とは?初心者でもわかる特徴や費用、運用方法」を読む

広告文作成時にチェックすべきポイント

広告には、してはいけない表現や掲載できない商品があります。広告文を作成する前には必ず広告ポリシーをチェックしましょう。
Yahoo!広告の広告掲載基準について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
広告掲載基準」について詳しく見る

使える記号、使えない記号

広告には使用できる記号と使用できない記号があります。使える記号の一部はこちらです。

  • ( ) 【 】 『 』 などの括弧
  • ?(から、全角)波形
  • % (全角)%(半角)パーセント記号
  • & (全角)&(半角)アンパサンド
  • ... (全角)三点リーダー
  • + - ± × ÷ = ≠ ∞ (全角)計算記号
  • ? ! (全角)疑問符・感嘆符
  • ¥ @ # ♯(全角)
  • @ # $(半角)

※2021年8月時点

その他、スラッシュや引用符などが使用できます。また全角の"¥"、"~"や"%"なども使えるため、価格がある商材の時は活用できます。

使用可能な記号種別について、こちらでも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
入稿規定(PC・スマートフォン・タブレット)(検索広告)」について詳しく見る

使用できない記号は、上記以外のものすべてです。顔文字や㈱、①といった機種依存文字も利用不可です。こちらも併せてご参照ください。
文字、記号を使用する際のルール」について詳しく見る

リスティング広告のNGキーワードについて詳しく知りたい方は、以下の記事を併せてご覧ください。

リスティング広告のNGキーワードとは? 具体例と避けるためのポイント」を読む

掲載できない広告

掲載できない広告は、以下のように規定されています。

  1. 法令に違反し、または、違反するおそれのあるもの
  2. 社会規範、公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害し、または、他人の迷惑となるもの

また、性的な商品やサービス、国内で承認されていない医薬品、医療機器、偽ブランド品、たばこなどの広告は掲載できません。

この他にも、Yahoo!広告のポリシーで掲載できないものがあるので、確認が必要です。

掲載できない広告について、こちらでも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
掲載できない広告」について詳しく見る

虚偽や優良誤認、最上級表現

事実とは異なる情報を掲載している広告は誤解や誤認を発生させる恐れがあるため掲載できません。
また、「最大」、「最高」、「最小」、「最速」、「No.1」などの表現を含む場合、以下の表示をおこなう必要があります。

  1. その事実が客観的な調査に基づいていることが確認できる
  2. 最上級である範囲、領域を明確にするなどして調査結果を正確に引用している

虚偽や優良誤認、最上級表現について、こちらでも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
表示に関する一般的注意」について詳しく見る

景品表示法とは? 禁止事項とWeb広告を配信する際のポイント」を読む

医療や薬事に関するルール、薬機法

医薬品や医療機器、薬用化粧品、化粧品、食品、健康食品、健康器具などは、それぞれの広告掲載基準に則り広告掲載を申し込む必要があります。薬機法などの法律も関連するため、関連商品を掲載する場合は必ず確認してください。

医療や薬事に関するルールについて、こちらでも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
薬機法などの広告表示規制および個別の掲載基準があるもの」を読む

薬機法とは? 広告規制対象内容と違反時の罰則制度」について詳しく見る

その他の広告表現の規制

その他に広告表現に関する規制もあります。ユーザーに不快感や誤解を与えるような表現、ユーザーの誤認を引き起こす不当表示は避けなければなりません。広告作成前にチェックしてください。

Yahoo!広告の広告表現規制について、こちらでも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
広告表現規制」について詳しく見る

リスティング広告の効果的な広告文の作り方

効果的な広告文は多くのユーザーに興味関心を持たせ、アクションへつなげてくれます。クリック率の高さは広告文の有効性を判断するときに大いに役立つ指標です。クリック率が高ければ、広告の文章で商品やサービスについて興味や関心を引くことができたと判断できます。

ここからは、英会話スクールの「英会話」のキーワードに対するリスティング広告を例に、効果的な広告文を作るコツを見ていきましょう。

タイトルに検索キーワードを入れる

タイトルには検索キーワードを必ず含めましょう。検索キーワードを入れれば広告との整合性が増すため、広告ランクという指標が高い評価を受けます。広告ランクが高ければそのぶん入札単価も下がるため、広告の費用対効果が高まります。

例えば、「英会話 24時間レッスン」の検索キーワードで出稿するなら、タイトルにもこれらのキーワードを含めましょう。具体的な文言の例として、「(サービス名)の英会話 - 24時間レッスン」が挙げられます。

このタイトルであれば、好きな時間にいつでも英会話レッスンを受けられることが一目でわかるため、例えば深夜や早朝のレッスンを受けたいビジネスパーソンの流入が見込めます。

「ユーザーの行動を促す文章」を意識する

「会員登録はこちら」「資料請求はこちら」など、ユーザーの行動を後押しするコピーを付けましょう。広告をクリックするメリットがある、クリックしないと損だ、と思ってもらうのがコツです。

ここでのポイントは、広告の目的に合わせて行動喚起のフレーズを選ぶことと、検索ニーズと一致させることです。

例えば、集客率アップを目的とした広告で「英会話 お試し」などの検索キーワードの成果がよいとします。この場合、多くの検索ユーザーは一度見学してみたいと考えていると推測できます。

そのため、広告文に向いているのは「英会話の無料体験レッスンの予約はこちら」といったコピー文です。「無料」や「予約」などの言葉で心理的なハードルを下げることで、さらに行動を促しやすくなるでしょう。

「公式」「限定」などユーザーの気を引く文言を加える

公式サイトであると示すことは安心感につながります。「正規取扱店」などのキーワードも同様です。

例えば、「【公式】○○英会話」などのように隅付き括弧を利用すると、ユーザーにとってわかりやすくなるでしょう。公式をアピールする方法は、認知度が高い企業の広告や、企業名やサービス名などを含む「指名キーワード」で広告表示する場合に効果的です。

また、「期間限定」、「数量限定」のように、時間や数などに限りがあるとアピールするのも効果的です。ユーザーの行動を促しつつ、「今」クリックしないと機会を逃してしまうかもしれないと示唆することでクリック率を高めます。例えば、「新学期に間に合う!春の期間限定キャンペーン中!」といった文言が挙げられます。

競合との違いや強みを整理し、アピールする

競合をリサーチし、どのような広告を配信しているかをチェックしてみましょう。そこから競合との違いを打ち出したり、ほかにはない強みを訴求したりすることで、競合の広告との差別化が図れます。

例えば「ネイティブ教師が多数在籍!」、「英語が母国語の教師が在籍」、「○○英会話だから受けられるマンツーマン」などの広告文が考えられます。

ただし、検索ユーザーのニーズに合わせることが重要なので、単に自社のアピールしたい内容を押し出すだけでは効果が出ない可能性があります。例えば、「会員数関東No.1」と表示しても、英会話レッスンの料金を気にする人の興味は引けません。顧客目線で自社の強みをアピールしましょう。

時期や割引率、件数、金額といった数字を入れる

数字を入れるのもクリック率の向上に有効です。同じ訴求をしている広告文で数字を入れたものと入れていないものを運用し、クリック率を比較してみるとよいでしょう。

例えば、「初月70%割引キャンペーン」と「新規入会割引キャンペーン」の2パターンを見てみましょう。具体的な数値がかかれている最初のパターンの方が、クリックしたくなりますよね。

ほかにも「3ヵ月間レッスン料無料」、「5歳から学べる英会話スクール」、「最短3ヵ月で伝わる英語を身に付けよう」のような数字の使い方もあります。

文字数と同時に広告文の内容も作り込む

文字数は上限の7~8割以上が効果的です。ただし、ただ長ければよいというものではなく、内容を重視しなければなりません。必要な訴求が入っているか、数字はあるか、ユーザーにとってのメリットを訴求しているか、LPのコンテンツと広告文の内容は合っているかなどチェックしましょう。文字数を意識しながら、同時に広告のクオリティも高めるようにしましょう。

これまで紹介してきたコツを考慮してみると、例えば「英会話 ビジネス」に対するリスティング広告(拡大テキスト広告)は以下のようになります。

  • タイトル:【公式】〇〇〇英会話 - 24時間レッスン
  • 説明文1:無料トライアルから1週間以内の入会で初月70%割引キャンペーン実施中
  • 説明文2:〇〇〇英会話だから受けられる!ネイティブ講師によるビジネス特化型マンツーマンレッスン

リスティング広告の運用で意識すべきこと

ここでは、リスティング広告の運用で意識すべき3つのポイントを解説します。

広告文とランディングページ(LP)の内容は統一させる

広告文の内容とクリック後に表示されるランディングページ(LP)の内容の関連性が低い場合、ユーザーは「知りたい内容がどこにも載っていない」と判断してページから離脱してしまいかねません。

ランディングページとは、リスティング広告や他のWeb広告などをクリックしたユーザーが最初に訪れるWebページのことで、一般的には自社の商品情報を1ページ程度にまとめます。

ランディングページの目的は、広告内容をより詳しく紹介し、商品購入や資料請求などの行動に結びつけることです。そのため、広告文とLPの内容は一目でわかるよう一致させることが重要です

ランディングページについて、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ランディングページ(LP)とは? メリット・注意点やWeb広告と相性がよい理由」を読む

ABテストを実施する

ABテストとは、広告文や画像の一部を変更した複数パターンの広告を、広告管理機能によってほぼ同じ条件で表示させ、クリック率やコンバージョン率などの成果を比較する手法です。

例えば、英会話スクールを運営している店舗がユーザーニーズを把握できていないとしましょう。その場合、低価格を訴求する広告とレッスンの質の高さを訴求する2パターンの広告を制作してABテストをおこないます。低価格の広告のほうが多くクリックされたなら、ユーザーが求めているのは価格であると推測できます。

ABテストは、原因を突き止めて広告をブラッシュアップしやすく、広告を少しずつ変更するためリスクが低いのがメリットです。リスティング広告は出稿したら終わりではなく、日々運用を改善していくことが大切なので、ABテストを繰り返しおこない、最適な広告をみつけていきましょう。

ABテストについて、こちらでも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ABテストでディスプレイ広告を改善するには? 方法とポイントを紹介」を読む

管理画面で成果をこまめに確認する

管理画面で現状をこまめに確認することは、広告運用のPDCAサイクルを回すために大切な行動です。クリック率やコンバージョン率、ユーザーの検索語句を管理していれば、現状を正確に把握し、問題点に気付けるでしょう

例えば、ユーザーニーズが変わって広告に訴求力がなくなったことを、早い段階で察知できるかもしれません。また、自社が思いもよらなかった重要な検索キーワードを発見できたり、関連度の低いユーザーに広告表示されている無駄なコストを削減できたりすることもあります。

まとめ

ここでは、リスティング広告の文字数をテーマに広告の表現や掲載基準をまとめました。広告ポリシーには専門的な内容も含まれるため、しっかり読み込むことが大切です。ポリシーの内容をしっかりと理解し、違反や過不足のない広告を作成しましょう。

ポリシーの内容を読み込む時間がないという場合や「広告文の作成が難しい」とお考えの方は、はじめての広告作成と初期設定をサポートする「初期設定サービス」もありますので、Yahoo!広告をぜひご活用ください。

Yahoo!広告 「検索広告 初期設定サービス」

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み