このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

リスティング広告のメリットとは? デメリットについてもあわせて紹介

「リスティング広告の利用を検討しているが、本当に効果があるのかわからない」
「リスティング広告を始めたばかりで、しっかり活用できているか不安」

このような悩みがあるマーケティングや広報担当の方も多いのではないでしょうか。リスティング広告はメリットとデメリットを正しく理解しておくと、より効果を発揮できます。

本記事では、リスティング広告のメリットとデメリットを詳しく解説します。Yahoo!広告が提供するリスティング広告「検索広告」のメリットも紹介するので、導入を検討している方は参考にしてください。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果一覧ページの上部と下部に表示される広告のことです。ユーザーが検索したキーワードと関連する広告が掲載されるため、「検索連動型広告」とも呼ばれています。商品やサービスに関心の高いユーザーへのアプローチに活用されるWeb広告です。

リスティング広告の出稿方法や運用方法については、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

リスティング広告とは? 初心者でもわかる特徴や費用、運用方法」を読む

リスティング広告のメリット

リスティング広告には、多くのメリットがあります。ここでは、リスティング広告を活用するメリットを詳しくご紹介します。

顕在層のユーザーに訴求できる

Webで検索するユーザーは、検索キーワードに興味をもっていることが多いです。そのため、検索キーワードと関連度の高い広告を掲載できるリスティング広告は、ニーズが高まっている顕在層のユーザーへの訴求に効果的です。例えば、商品の購入を検討している(顕在層)ユーザーに向けて広告を掲載できれば、広告経由での売上げアップが見込めます。顕在層のユーザー向けの広告は、その後のアクションにつながりやすいことが特徴です。そのためリスティング広告は、購入や申し込みなどにつながりやすいことがメリットです。

低予算で広告出稿できる

リスティング広告にかかる費用は、ユーザーの検索キーワードと、広告がクリックされた回数に応じて決まるケースが一般的です。広告を出稿したいキーワードに応じてクリック単価が設定され、「広告がクリックされた回数×クリック単価」で費用が決まります。広告がクリックされなければ費用は発生せず、低予算で広告を出稿できるのもリスティング広告のメリットです。予算の上限を設定できる媒体を選べば、広告費の使いすぎも防げます。

成果が出るまでの期間が比較的短い

他のマーケティング施策よりも、成果が出るまでにかかる期間が比較的短いのもメリットです。例えば、SEO対策で自社サイトを検索上位に表示させようとしても、効果が出るまで数ヵ月かかる場合もあります。リスティング広告は、出稿してすぐに広告が掲載される可能性が高いです。ユーザーの目に止まりやすいため、短期間での効果が期待できます。

配信開始・停止が柔軟にできる

リスティング広告は、出稿と停止が柔軟にできるのもメリットのひとつです。設定ページから、広告出稿に関する設定を簡単に変更できます。そのため、「思ったより効果が出ていないから一度出稿を停止する」「より効果をあげるために広告文を編集する」などの対応ができ、成果を見ながら臨機応変に運用が可能です。

費用対効果をリアルタイムで確認できる

チラシなどの紙媒体の広告は、具体的な費用対効果を測定するのは困難でした。一方、リスティング広告などのWeb広告は、クリック率や広告の表示回数、かかった費用などがリアルタイムで確認できるのがメリットです。費用対効果が良くない場合は広告文やキーワードを見直し、改善後の効果をすぐに確認できるので、短期間でPDCAサイクルを回せます。

地域ごとにターゲティングできる

地域を絞ったアプローチとしては、チラシのポスティングや新聞折込などが従来の方法ですが、リスティング広告も地域ごとのターゲティングが可能です。地域ごとに広告を掲載するかどうかを設定できるので、「実店舗の付近にだけ広告を掲載する」「イベント開催地域に絞って広告を掲載する」などの対応ができます。

Yahoo!広告の「検索広告」も、地域ごとの配信が可能です。Yahoo!広告の地域ターゲティングについて、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

検索広告 地域ターゲティングとはについて詳しく見る

曜日や時間帯でターゲティングできる

曜日や時間帯によってターゲティングできるのも、リスティング広告のメリットです。ターゲット層がWeb検索を利用していそうな時間帯や曜日に広告を掲載したり、実店舗の営業時間内に広告掲載を強化したりできるので、費用対効果のアップが期待できます

Yahoo!広告の検索広告で「曜日・時間帯ターゲティング」機能を使うと、指定した曜日や時間帯のみ広告の掲載が可能です。Yahoo!広告の地域ターゲティングについて、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

検索広告 曜日・時間帯ターゲティングとはについて詳しく見る

検索結果の上位に表示されやすい

リスティング広告は、検索結果画面の上部に表示されやすいことが特徴です。特に、自社名や自社サービス名などの指名キーワードで検索する場合には効果を発揮しやすいといえます。SEO対策で検索上位を狙うには多少の時間が必要なため、対策を実施しても自社サイトを上位に表示させられない可能性もあります。リスティング広告なら、検索結果で上位のサイトよりもさらに上部に広告を掲載しやすく、ユーザーに広告を届けやすいのもメリットです。

リスティング広告のデメリット

リスティング広告はメリットの多いWeb広告ですが、デメリットもゼロではありません。リスティング広告を運用する際は、デメリットについてもしっかり把握しておきましょう。

ここでは、リスティング広告のデメリットを解説します。

認知拡大には向かないこともある

リスティング広告は関連するキーワードを検索した人にしか届けられないので、認知拡大を目的としている場合は成果があまり得られないケースもあります。ニーズが明確になっていない潜在層へのアプローチには、ディスプレイ広告が効果的です。ディスプレイ広告とは、Webサイトやアプリの広告枠に掲載される広告のことです。ユーザー属性や過去のWebサイトの閲覧履歴などからターゲティングが可能です。

ディスプレイ広告について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ディスプレイ広告とは? リスティング広告とどう違う? 成功させるコツも解説」を読む

広告を避けるユーザーがいる

リスティング広告は、ユーザーが広告だと認識できるように、広告文の上に「広告」の文字が表示されます。ユーザーのなかには広告を避ける人もいるので、検索結果ページの上部に表示されたとしても、すべてのユーザーに対して効果があるとはいえない点に注意しましょう。

調整や改善が欠かせない

短期間でPDCAサイクルを回して広告を改善できる一方で、常に調整や改善が欠かせないことをデメリットと感じる方もいるかもしれません。

また、専門知識がない状態でリスティング広告を運用すると、思わぬ出費がともなうこともあります。適切な費用で運用するには、広告掲載のオークションに必要な入札価格やキーワードなど、それぞれの設定項目の詳細を知っておかなければなりません。設定の自由度が高いため、理解や調整に手間がかかることを理解しましょう。

ヤフーの検索広告(リスティング広告)を利用するメリット

Yahoo!広告では、Yahoo! JAPANの検索結果ページに広告を掲載できる「検索広告」をご用意しています。Yahoo!の検索広告にはさまざまなメリットがあるので、リスティング広告の導入を検討している方はぜひご活用ください。

ここでは、Yahoo!の検索広告を利用するメリットを紹介します。

キーワードアドバイスツールがある

はじめてリスティング広告を使う場合、どのようなキーワードを設定すればいいのか迷う方が多いでしょう。Yahoo!広告では、広告掲載のために最適なキーワードがわかる「キーワードアドバイスツール」が利用できます。

キーワードアドバイスツールは、サイトやキーワードの例を入力するだけで、過去の実績などに基づいて最適なキーワードを提案してくれるツールです。Web広告運用がはじめての方でも、適切なキーワードが設定できます。

自動入札設定ができる

ユーザーが検索したときにどの広告が掲載されるかは、広告オークションで決まります。広告オークションは、それぞれの広告の品質と入札価格でランク付けし、ランクが上位の広告から掲載する仕組みです

Yahoo!広告の「自動入札設定」を使えば、広告の目的に応じて適正な入札単価が自動で設定でき、運用負荷を軽減できます。

キーワードの自動挿入機能がある

「キーワードの自動挿入」とは、あらかじめ商品名などのキーワードを登録しておくと、広告文に自動でキーワードを掲載できる機能です。ユーザーが検索したキーワードと、事前に登録したキーワードが一致したときに自動で挿入されます。例えば、「●●のマンション情報満載!」という登録をしておくと、「●●」の部分に検索した人が入力したキーワードが自動で挿入されます。取り扱い商品が多い場合はそれぞれの商品名をキーワードに登録しておくことで、キーワードごとの広告文が自動で生成され、効率的に広告を掲載できます。

自動運用ルールを決められる

「Web広告の運用にあまり時間をかけられない」「定期的に同じ項目をチェックして設定変更している」などの場合は、「自動運用ルール」の設定がおすすめです。自動運用ルールを設定すると、決まったルールに基づいてキーワードの追加や入札価格の変更などが自動でおこなわれます。目的や課題に応じて複数の自動運用ルールを組み合わせられるため、手間を省きながら効果的な広告運用が可能です

「初期設定代行サービス」を活用できる

Yahoo!広告では、広告掲載のために必要な初期設定を無料で代行するサービスも実施しています。キーワードの選定や入札価格の設定など、リスティング広告を導入する際に迷いがちなポイントを代わりに設定します。Web広告運用がはじめてという方や、すぐに設定して広告を掲載したい場合は、ぜひご活用ください。

検索広告 初期設定サービスについて詳しく見る

まとめ

リスティング広告は、ニーズが明確な顕在層へ効果的にアプローチできるWeb広告です。購買意欲が高まっているユーザーの目に止まりやすく、購入や申し込みなどのアクションにつながりやすいのがメリットです

はじめてリスティング広告を導入するなら、Yahoo!広告の「検索広告」をご活用ください。初期設定代行サービスやキーワードアドバイスツールなど、Web広告の運用に慣れていない方でも、簡単に広告を出稿できるサービスやツールをご用意しております。導入前の無料相談も受け付けているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード