このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

リスティング広告の運用のコツは? キーワード選びから広告文の作り方まで

「リスティング広告の運用がうまくいっていないと感じる」
「はじめてリスティング広告を運用することになって不安」

こういった悩みを抱えている担当者もいるのではないでしょうか。ニーズの高いユーザーにアプローチできるリスティング広告は、うまく運用できれば大きな効果が期待できます。

本記事では、リスティング広告の運用のコツを解説します。キーワードの選び方や効果的な広告文の作り方などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

リスティング広告の運用方法

はじめに、リスティング広告を運用する際の基本的な流れを解説します。リスティング広告の運用がはじめての方は、まず基本的な運用方法をチェックしておきましょう。

広告アカウントの作成

リスティング広告を掲載するには、はじめに広告媒体のアカウントを作成しなければなりません。例えば、Yahoo! JAPANにリスティング広告を掲載する場合は、Yahoo!ビジネスアカウントを取得し、広告掲載用のアカウントを申請します

申請後、各広告掲載業者での審査が完了すると、広告掲載に必要なアカウントが作成されます。

広告を配信する条件設定

アカウントを作成したら、広告を掲載するための条件を設定します。リスティング広告は、広告掲載のためのキーワードや広告を掲載する曜日・時間帯などを設定できます

リスティング広告の効果を高めるためには、適切な条件設定をおこなうことが大切です。

広告作成と審査

広告を掲載するには、広告を作成した後に審査を受ける必要があります。リスティング広告の場合は、表示したい広告文や誘導先のサイト、設定するキーワードなどの審査がおこなわれます。広告の作成に関するガイドラインが設けられているため、その内容に沿った広告を作成しましょう。

広告配信のスタート

作成した広告が審査を通過したら、いよいよ広告配信のスタートです。設定したキーワードでユーザーが検索すると広告掲載のためのオークションがおこなわれ、上位に入ることができれば、視認性の高い広告枠に掲載されます

リスティング広告をはじめるには、このようにいくつかのステップが必要です。Yahoo!のリスティング広告「検索広告」なら、アカウント作成から広告掲載まで専門知識がなくても簡単にスタートできます。

リスティング広告の運用のコツ

リスティング広告の効果を高めるには、運用にいくつかのコツがあります。ここではリスティング広告を運用する際に意識しておきたいポイントを紹介するので、チェックしておきましょう。

運用目的を明確にする

リスティング広告を導入する場合、まず運用目的を明確にしておくことが大切です。「商品の購入」「サービスの資料請求」「問い合わせ」など、何を目的に広告を掲載したいのかを改めて考えてみましょう

広告を長期的に運用していると、徐々に当初の目的からずれていくケースもあります。はじめに目的を明確化し、運用を続けるなかで目的から外れていないかを定期的にチェックすることが、広告運用のポイントです。

商品やサービスの強みを洗い出す

ユーザーに興味を持ってもらうために、商品やサービスの強みを広告でアピールしなければなりません。そのためには、まず商品やサービスの強みは何なのかを洗い出す必要があります。競合他社との違いを明確にし、それがユーザーに伝わるような魅力的な広告を作成しましょう。自社の強みを洗い出すことで、どのようなアプローチをすべきなのかが見えてきます。

具体的なターゲット像を想定する

リスティング広告を効果的に運用するには、具体的なターゲット像の想定も重要なポイントです。以下のようなユーザー属性で、具体的にターゲットを絞ってみてください。

・年齢
・性別
・地域
・職業
・家族構成

ターゲット像を細かく想定すると、どのようなキーワードや広告文でアプローチすべきかが明確になります。ターゲット像が想定できていなかったり、狙いたい層が広すぎたりすると、どの層にも響かない広告になってしまう可能性もあるので注意してください。

広告を作成・掲載する前にターゲット像を想定しておけば、広告を掲載する時間帯や曜日など、広告掲載の戦略を検討する際にも役立ちます。

シンプルなアカウント構成にする

リスティング広告を運用するには、アカウントの配下に「キャンペーン」や「広告グループ」とよばれる管理用のグループを作ります。これをアカウント構成といいます。アカウント構成をシンプルにしておくと管理の手間が省けるなどのメリットがあるため、なるべくシンプルなアカウント構成を目指しましょう。

リスティング広告のアカウント構成について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

リスティング広告のアカウント構成はどう考える? 基礎と作成手順を紹介」を読む

広告の品質インデックスを高める

リスティング広告の掲載可否や掲載順位は、設定した入札単価と品質インデックスによって決まります。品質インデックスとは、推定クリック率やキーワードとの関連性から算出される、広告の品質の指標となる値です。

品質インデックスが高ければ、入札単価が低めでも広告が掲載される可能性があります。広告の費用対効果を高めるためには、品質インデックスの向上が大切です。

Yahoo!広告の品質インデックスについて、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

品質インデックスについて詳しく見る

成果の分析・改善を定期的に繰り返す

リスティング広告は配信結果が具体的なデータとして得られるため、リアルタイムで成果の分析が可能です。定期的に広告の成果をチェックして、改善できるポイントがないか検討してみてください。導入初期は思うように成果が出なくても、分析と改善を繰り返すことで徐々に成果が得られます。設定したキーワードごとに進捗を確認し、改善を重ねていきましょう。

リスティング広告のキーワードの選び方

リスティング広告の運用では、キーワードの選び方が重要です。ここでは、リスティング広告のキーワードの効果的な選び方を紹介するので、参考にしてください。

軸となるキーワードを洗い出す

はじめに、自社の広告の軸となるキーワードを洗い出しましょう軸となるキーワードとは、検索のメインとなるキーワードです。キーワードはあとから編集可能なので、はじめにできるだけ多く洗い出しておきましょう。

競合サイトをチェックして、軸となるキーワードをなるべく多く見つけておくことが大切です。

掛け合わせキーワードを洗い出す

軸となるキーワードを洗い出したら、軸キーワードと一緒に検索されそうな掛け合わせキーワードもなるべく多く洗い出してください。例えば、「Web広告」が軸キーワードなら、以下のような掛け合わせキーワードが考えられます。

・Web広告 出し方
・Web広告 ターゲット
・Web広告 費用
・Web広告 おすすめ

掛け合わせるキーワードは、2語か3語までで検討しましょう。検索エンジンに軸キーワードを入力して、出てきたサジェストワードを参考にするのもひとつの方法です。

ターゲット像からキーワードを整理する

最後に、ターゲット像からキーワードを洗い出して整理します。例えば男性向けの商品なら、女性向けのキーワードは削除します。また、年齢や住んでいる地域によって、同じ意味のキーワードでも使い方が変わるケースもあります。

できるだけ検索ボリュームが大きいキーワードを選びながら、購入や資料請求などの最終的な目標につながるキーワードを採用するのがポイントです

リスティング広告のキーワード選定について、こちらの記事でも詳しく解説しております。併せてご確認ください。

リスティング広告のキーワード選定方法は? 作成の手順や注意点も解説」を読む

リスティング広告の効果が高まる広告文の作り方

広告が掲載されても、ユーザーの興味を引くような広告文でなければリスティング広告の効果はあまり期待できません。ここでは、リスティング広告の効果が高まる広告文の作り方を紹介します。

軸となるキーワードを入れる

軸となるキーワードはユーザーが興味を持って検索しているキーワードなので、広告文の前半に入れることが大切です。クリック率の向上が期待できるのはもちろん、キーワードとの関連性が高いと評価され、品質インデックスが高まる効果もあります。

広告文のなかに検索キーワードと一致するものがあると太字で表示されるため、なるべく目立つ位置に軸となるキーワードを配置しましょう。

期間限定の情報を入れる

期間限定の情報を入れるのも、ユーザーの興味を引く広告文の特徴です。「今だけ」「キャンペーン中」「今月末まで」など、ユーザーが「今クリックするとお得なのでは」と感じられる言葉を入れてみてください。お得感のあるキーワードを入れることで、広告から自社サイトへの流入を増やせる可能性が高まります

ユーザーから評価されたことを入れる

実際にユーザーから評価されたことを広告文に取り入れるのも効果的です。企業が伝えたい強みと、ユーザーが魅力的に感じるポイントが少しずれているケースは少なくありません。

例えば「ユーザー満足度◯%」といった実際にユーザーから評価された部分は、ターゲット層のユーザーにも響く可能性が高いです。広告はユーザーの興味を引くことが大切なので、顧客からの評価を広告文に採用するのも、魅力的な広告文にするポイントです。

タイトル分に【】を入れて強調する

リスティング広告の広告文には記号も使用できるため、効果的に記号を取り入れましょう。特定のキーワードを目立たせたいときには、【】の使用がおすすめです。例えば、先述の期間限定情報などは、【】で囲むとさらにユーザーの目に止まりやすくなります。

リスティング広告の広告文について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
リスティング広告の文字数と広告文を解説! 作成方法や改善方法を紹介」を読む

拡張クイックリンク機能を活用する

Yahoo!広告の検索広告では、広告表示オプションとして「拡張クイックリンク機能」を提供しています。検索広告はメインのリンク先の下に他のページへのリンクも表示でき、拡張クイックリンク機能によって他のページにも説明文を追加できるようになりました。クリック率やユーザーの利便性を向上させる効果があります

拡張クイックリンク機能について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
クイックリンクオプションについてについて詳しく見る

リスティング広告の費用

リスティング広告は、ユーザーが広告をクリックしたときに費用が発生するクリック課金制が一般的です。「クリック単価×広告がクリックされた回数」で広告の費用が決まり、クリック単価は入札価格によって自由に設定できます

設定した入札価格が低いと同じキーワードを狙っている競合他社にオークションで負けてしまい、掲載順位が下がったり広告を掲載できなかったりするので注意してください。逆に、入札価格を高く設定すると広告を掲載できる可能性が高まりますが、費用対効果が悪化する恐れがあります。

適切なキーワード選びはもちろん、オークションの入札価格のバランスも大切です。

まとめ

リスティング広告の効果を高めるには、軸となるキーワードを中心に、どのような文言を入れるのかを意識することが大切です。今回紹介した運用のコツを、ぜひ実践してみてください。

リスティング広告の導入を検討しているなら、Yahoo!広告の「検索広告」がおすすめです。無料の初期設定代行サービスや事前相談など、はじめてでも安心のサポート体制をご用意しているので、ぜひお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード