このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

リスティング広告の平均クリック率(CTR)は? 改善のポイントも紹介

リスティング広告の効果を測定するうえで役立つ指標のひとつがクリック率(CTR)です。広告効果を上げるにはクリック率の改善が有効といわれますが、クリック率とは具体的には何を指し、どう計算されるのでしょうか。

本記事では、平均クリック率が信頼できる指標かどうか、また広告運用でクリック率に注目する理由をはじめ、広告効果を高めるうえで有効なクリック率の改善ポイントを解説します。

リスティング広告のクリック率とは?

クリック率は「Click Through Rate」の略でCTRとも呼ばれます。広告がユーザーに表示された回数をインプレッション数と呼びますが、インプレッション数に対して広告がクリックされた割合(%)がクリック率です。

クリック率の計算方法

クリック率は、以下の方法で計算します。

クリック率(%)=広告のクリック数 ÷広告のインプレッション数×100

例:
インプレッション数が20,000回、クリック率が1,000回の場合
1,000回÷20,000回×100=5
⇒クリック率は5%

クリック率を意識すべき理由

広告運用でクリック率を意識すべき理由をポイント別に説明します。

サイトへの訪問数が増え、コンバージョンにつながる

クリック率はリスティング広告の表示回数に対し、反応してくれたユーザーの割合を示す指標です。そのため、クリック率が高いほど広告のリンク先に設定されたWebページへの訪問数が増え、ユーザーに喚起したい行動(コンバージョン)の増加が期待できます。

例えば、新商品の販促が目的の広告の場合、クリック数が多ければリンク先の商品PRページへの訪問者数も増加するため、実際に商品の購入まで進むユーザーの割合も増加につながります。

クリック単価が抑えられる

リスティング広告のクリック単価はCPC(Cost Per Click)とも呼ばれ、1クリックあたりの広告費用を指します。これは、リスティング広告の費用対効果を測るうえで重要な指標です。
クリック単価は、「広告に要した費用÷クリック数」で計算されます。クリック単価が高いほど費用対効果は低いため、広告運用効率の良し悪しが判断可能です。

リスティング広告の場合、クリック率を上げるとクリック単価が抑えられるのでキーワードに適した広告文を配信する、広告表示オプションを設定するなどの対策をおこない、クリック率を高めることが重要です。

さらに、クリック単価が抑制されれば、コンバージョン1件に要する広告費用(CPA、Cost Per Acquisition)の改善が見込めます。

リスティング広告のクリック率を改善するためのポイント

実際の広告運用でクリック率を改善するにはどうしたらよいか、ポイント別に見ていきましょう。

最適なキーワードを選定する

キーワードの選定はリスティング広告にとって肝の部分であり、クリック率を左右する重要要素です。ユーザーの検索意図にマッチした語句が登録キーワードに含まれていることで、関連性が高いと判断され、広告が検索結果で上位表示される可能性が高まります。

最適なキーワードを準備するうえで大切なのは、訴求する商材とユーザーニーズの両面で関連性の高い語句の特定です。そのためには、ターゲットユーザーの属性(性別・年齢・職業・家族構成・居住地など)を整理し、理想の顧客ペルソナを具体的に描き出して、そのペルソナが抱えている課題やニーズを浮き彫りにする必要があります。

同時に、広告で訴求したい商材の強みや特徴を洗い出して整理し、ターゲットのニーズと商材の強み・特徴に関わりのあるキーワードに落とし込んでいきましょう。

ユーザーに刺さる広告文を作成する

広告文もリスティング広告のクリック率を左右する重要な要素です。リスティング広告で表示される広告テキストの印象が強ければ、閲覧したユーザーの目にとまりやすくなり、クリック率が高まります。

リスティング広告が目に入るほんのわずかな一瞬で相手に刺さる内容に仕上げるには、インパクトの強い語句や表現を使用して、魅力的な広告文の作成が重要です。

また、広告とクリック先にあるランディングページ(商品ページ、キャンペーンサイトなど)との間で、メッセージに一貫性を持たせます。広告文を読んだユーザーにクリックしてもらえた場合でも、遷移先のランディングページの内容とのギャップが大きければ、離脱する可能性があります。広告文とランディングページとの間で情報の乖離がないか、全体的に確認しましょう。

広告文と検索語句のニーズを合わせる

ユーザーニーズと、訴求したい商材の強み・特徴との関連性の高さを心がけることで、ユーザーの心情に寄り添い、共感を呼び起こす効果の高いメッセージの発信が期待できます。

選定したキーワードとの関連性が高い広告文に仕上げるには、キーワードを広告文に含める方法が一般的です。

広告テキストを作成したら内容を見返し、ユーザーのニーズおよび訴求したい商材の強み・特徴が十分に表現されているか、キーワードが活かされているかをチェックしましょう。

具体的な数字を使用する

広告文に具体的な数字の使用するのも改善が見込めます。「ツール導入で作業時間70%短縮」「サプリを飲んで体調がすっきりした方、なんと95%」など、訴求したい商材の効果や実績などを具体的な数値で訴求しましょう。情報の説得力が強まり、クリック率の向上が見込めます。

具体的な数字を入れるときは、統計データなど客観的根拠に基づく最新の数値を使用しましょう。裏付けがない場合、根拠を問われても証明する手立てがないため、誇大広告として法的な問題に発展する可能性が考えられます。また、データそのものが古い場合も信頼性が揺らぎかねません。

 

以下の記事で、Yahoo!広告の掲載基準を詳しく明記しておりますので、併せてご確認ください。

Yahoo!広告「【広告】広告掲載基準

掲載順位を上げる

広告の掲載順位が上がれば、ユーザーに見てもらえる可能性も向上するため、より高いクリック率が見込めます。

掲載順位を上げるひとつの方法として、「広告で使用するキーワードの入札単価(上限クリック単価)の引き上げ」があります。
リスティング広告はオークション形式で検索順位が決定されます。そのため、入札単価の上限を高く設定することで表示されやすくなります。
しかしどこまで入札単価を上げられるかは広告予算次第となるため、この方法だけで順位を上げるのは難しい場合があります。

掲載順位を上げるもうひとつの方法は、広告の品質インデックスの改善です。広告の品質を引き上げる際、入札単価とともに考慮されるのが品質インデックスです。品質インデックスは、広告の内容と表示されるユーザーの関連度を10段階で評価する指標のことで、使用している広告サービスの広告管理ツールで確認できます。

品質インデックスは出稿者サイドでは変更できませんが、広告の内容そのものを見直すことで改善される可能性があります。
例えば、登録キーワードのうち関連性の低いものは除外する、広告のタイトルや広告文をより洗練された内容に書き直す、遷移先のランディングページを見直すなどが挙げられます。

広告の品質が高まり、より多くのユーザーに有用な情報と判断されれば、品質インデックスは向上し、広告ランクも引き上げられます。長期的に見れば、実質的な評価がともなう分、入札単価の引き上げよりもメリットがあります。

キーワードの挿入機能を利用する

検索結果の表示順位を上げるために利用できる便利な機能が、キーワードの自動挿入です。広告のタイトル、説明文、表示URLのディレクトリ部分にキーワードを自動的に挿入します。

ユーザーの検索語句に対して、広告アカウント内で引き出されたキーワードが広告文に挿入された状態で広告が表示されます。
キーワードの自動挿入は、取扱商品またはサービスが複数ある場合などに便利です。あらかじめ商品名またはサービス名をキーワードとして登録しておけば、ひとつの広告から複数の商材の広告を掲載できます。これにより、広告の管理が容易になるほか、キーワードを広告に含めることで、広告の関連性が高められるなどのメリットが得られます。

キーワードの挿入機能について、こちらでも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

キーワードの自動挿入の設定方法

また、リスティング広告のクリック率を上げる方法は、以下のYahoo!広告運用セミナーの動画でも解説しています。

【検索広告⑨】今すぐクリック率を無料で上げる王道テクニック3選をご紹介!<Yahoo!広告 運用セミナー>

まとめ

クリック率(CTR)は、リスティング広告の成果を測定するうえで重要な指標です。クリック率が向上すると、リンク先のWebサイトへの訪問数が増加してコンバージョンにつながる可能性が見込めるとともに、クリック単価が下がるメリットがあります。

リスティング広告でクリック率を改善するには、ユーザーのニーズと訴求する商品やサービスの強み・特徴との関連性が高いキーワードの選定と、ユーザーに刺さるインパクトと魅力を備えた広告文の作成が不可欠です。キーワードの入札単価を引き上げる、広告内容を見直すなどの工夫により、リスティング広告の表示順位が上がり、さらなるクリック率およびコンバージョン数 の向上が期待できます。

Yahoo!広告では、充実した機能と手厚いサポート体制により、企業の皆様のリスティング広告出稿を支援します。広告サービスをご検討の際はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

検索広告を始めると広告料金
25,000円分プレゼント

今すぐ申し込む

広告料金25,000円分をプレゼント

詳しくはこちら ≫