このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

効果的なホームページ集客方法は? 失敗の原因や集客力アップのコツを徹底解説

ホームページを作成したのに、思うようにアクセス数が伸びなくて悩んでいる担当者の方も多いのではないでしょうか。ホームページは公開して終わりではなく、集客にも力を入れなければなりません。

本記事では、ホームページの効果的な集客方法を徹底解説します。ホームページのアクセス数をアップさせたい方や、ホームページから売上アップなどにつなげたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームページ集客の目的とは?

ホームページの集客をアップさせると、さまざまなメリットがあります。はじめに、ホームページ集客の目的やメリットを確認してみましょう。

認知拡大・ブランドイメージの向上

チラシや看板などと違い、ホームページはインターネットがあればどこからでもアクセスできます。そのため、ホームページを活用すれば、全国に自社のことを知ってもらうチャンスがあります。認知度が上がって売上を伸ばせると、ブランドイメージの向上にもつながります

資料請求や問い合わせ数の増加

ホームページ上に専用フォームを設置しておけば、ホームページ経由での資料請求や問い合わせの増加が見込めます。その後の商品購入やサービス申し込みにつながる可能性があり、顧客と直接やりとりする機会を増やす効果もあります。

店舗集客の促進

ホームページから興味を持って、実際の店舗へ足を運んでくれる方もいるでしょう。ホームページに店舗の写真や駅からのアクセス方法を載せることで、店舗集客の促進効果も期待できます

商品・サービス購入への導線

ホームページは、商品やサービス購入への導線にもなります。自社の強みや商品・サービスのメリットが伝わるホームページを多くの人に見てもらえれば、売上アップが見込めます。ECサイトに多くのユーザーを誘導すれば、全国に顧客を増やせるかもしれません。

ホームページでうまく集客できない6つの原因

ホームページを公開しても、集客がうまくいかないケースも少なくありません。ここでは、ホームページでうまく集客できない原因を6つ紹介します。自社のホームページに当てはまる部分がないか、チェックしてみてください。

そもそもホームページを見つけてもらえてない

ホームページをユーザーに見つけてもらえなければアクセス数は伸びず、当然ながら集客にも結びつきません。ホームページにアクセスするには検索エンジンで見つけるか、URLから直接アクセスする必要があります

ホームページへ新規ユーザーを誘導するには、検索エンジンからの流入が代表的な手段です。しかし、競合サイトも多数存在するため、なかなか自社サイトを見つけてもらえないケースもあります。

ホームページの目的・ゴールが定まってない

ホームページの目的やゴールが定まっていないと、訪れたユーザーがその後のアクションを起こせません。商品の購入や資料請求など、明確なゴールにユーザーを誘導できなければ、せっかくアクセスしてもすぐにサイトから離脱してしまいます。

ターゲットを設定していない

ホームページ集客には、ターゲットの設定も重要です。年齢・性別・職業・家族構成などのターゲットを明確にしなければ、どの属性のユーザーにも印象に残りにくく、集客につながらないホームページになってしまいます。

見た目(デザイン)だけに力を入れている

「ホームページは見た目さえ良ければいい」と思っている方もいるかもしれません。デザインにこだわるのは悪いことではありませんが、情報の伝わりやすさや目的までの導線も重要です。見た目がきれいなホームページでも、ユーザーにとって使いにくければ集客につながりません。

自社商品・サービスの魅力を理解していない

ホームページから集客につなげるには、商品やサービスの良さをホームページ上でアピールすることが大切です。そもそも自社商品やサービスのアピールポイントが明確になっていなければ、ユーザーに魅力が伝わるホームページは作成できません。

コンテンツの更新をしていない

ホームページ集客においては、コンテンツの定期的な更新も重要なポイントです。長い期間更新されていないホームページは、「もうサービスが終了しているのでは」「あまり利用されていない商品なのでは」と、ユーザーが不安になってしまいます。更新頻度が低いと、せっかくアクセスしてくれたユーザーも、すぐにサイトから離脱するかもしれません。

効果的なホームページの集客方法

ここまで、ホームページ集客がうまくいかない原因を紹介しました。ホームページ集客を成功させるにはどのような対策が必要なのでしょうか。次に、効果的なホームページの集客方法をみていきましょう。

無料の集客方法

ホームページの集客方法には、無料と有料の対策方法があります。まず、無料の集客方法から紹介します。

SEO施策

SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)施策とは、検索エンジンで自社サイトが上位に表示されるように対策をおこなうことです。検索結果の上位に表示させることができれば、より多くの人に自社のホームページを見てもらえます。また、地図エンジンの検索結果で表示されるように対策をおこなうMEO(Map Engine Optimization=マップ検索エンジン最適化)も、近年注目されています。

Yahoo!プレイスは、Yahoo! MAPなどYahoo!の各種サービスで自社サイトをアピールできるサービスです。Yahoo!プレイスについて、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

Yahoo!プレイスについて詳しく見る

SNS投稿

各種SNSの投稿も、ホームページへの誘導として効果的です。「いいね」や「リツイート」で拡散されやすいSNSや、写真や動画を見てもらいやすいサービスなど、それぞれのSNSの特性を活かしたアピールができます

プレスリリースの配信

新しい商品やサービスの販売などニュースとして発信したい話題がある場合、プレスリリースをホームページに掲載するのも集客効果が期待できます。プレスリリースを配信すると、各種メディアに取り上げてもらえる可能性があり、自社ホームページへの導線になります

有料の集客方法

有料の集客方法としては、Web広告が有効です。ここでは、各Web広告の特徴を紹介します。

リスティング広告

リスティング広告は、Webで検索した際に検索結果ページの上部に掲載される広告です。ユーザーが検索したキーワードと関連する広告が掲載されるため、広告に興味を持ってもらいやすいメリットがあります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリに設置された広告枠に掲載される広告です。年齢や性別といった、ユーザーの属性でターゲットを絞って掲載できます。また、写真やイラストで視覚的にユーザーの興味を引くことも可能です。

SNS広告

SNS広告は、SNSに広告を掲載する方法です。SNSへの投稿と似ていますが、無料の投稿は基本的に自社のアカウントをフォローしているユーザーにしか届けられないのに対し、SNS広告はターゲット層を指定してフォロワー以外にも多くの人に広告を見てもらえます。

純広告の出稿

純広告の出稿は、Webメディアの広告枠を買い取って、契約した期間だけ広告を掲載してもらう方法です。リスティング広告やディスプレイ広告は、広告を掲載するためにオークションで上位に入らなければなりませんが、純広告なら買い付けた広告枠に確実に広告を掲載できます

【目的別】ホームページの集客方法

ホームページの集客は、目的ごとに方法を変えるとより効果的です。ここでは、目的にあったホームページの集客方法と注意点を紹介します。

目的 リスティング
広告
ディスプレイ
広告
SEO施策
即効性
中長期

即効性を求めて集客する場合

集客の効果をすぐに出したい場合は、リスティング広告やディスプレイ広告を活用しましょう。Web広告は必要な設定をおこなえばすぐに運用をスタートできるので、即効性が期待できます。

ただし、適切な広告運用をおこなわなければ広告を掲載できず、予想以上の広告費がかかってしまう場合がある点に注意してください。

新規ユーザーの集客には、さまざまなメディアで取り上げてもらえる可能性のあるプレスリリースの配信も効果的です。ただし、プレスリリースを出せば必ずメディアに取り上げられるわけではないことを覚えておきましょう。

中長期的に集客する場合

中長期的に集客したい場合は、SEO施策がおすすめです。SEO施策は効果が出るまでに数ヵ月かかる場合がありますが、オーガニック検索で上位を獲得できれば安定したアクセス数が見込めます。Web広告と違い、広告費もかかりません

SEO施策の注意点としては、「これを実施すれば必ず検索順位が上がる」といった明確な基準がなく、対策をおこなっても成果が出ない可能性があります。

ホームページで集客力を高めるポイント

最後に、ホームページで集客力を高めるポイントを紹介します。ぜひ実践してみてください。

目的やゴールを明確にする

ホームページで集客を目指すには、目的やゴールの明確化が大切です。ホームページからユーザーにどのようなアクションを起こしてほしいのか明確にし、そこへの導線を意識したホームページを作成しましょう。

ターゲットに向けたコンテンツをつくる

商品やサービスを訴求する際、ターゲットに向けたコンテンツをつくることも重要です。ターゲット層に合わせたコンテンツは、ユーザーに「自分のための情報だ」と感じてもらいやすくなります。

サイト内のユーザビリティを意識する

ホームページから購入や申し込みにつなげるには、サイト内のユーザビリティ(使いやすさ)や導線も重要なポイントです。例えば、ユーザーが商品を購入したくても購入ページが見つけづらいと、購買意欲を削いでしまいます。ユーザーが使いやすいホームページになるように意識してください。

定期的にコンテンツを更新・見直しする

コンテンツが更新されていないホームページは具体性が欠けていたり、サイト運営がされているのかユーザーが不安になったりするため、集客に失敗する可能性が高いです。定期的にコンテンツの更新や見直しをおこない、ユーザーが安心して利用できるホームページをつくりましょう。

効果測定をおこなう

ホームページのアクセス解析をおこなうと、「どの検索ワードでサイトにたどり着いたのか」「サイト内の閲覧履歴」「ページから離脱したユーザーの数」など、ホームページの効果がわかるさまざまな情報を取得できます。定期的に効果を測定して改善を重ねていくことで、より集客効果の高いホームページになります

まとめ

ホームページは、集客につながる重要なツールです。ホームページの集客力をアップするには、ユーザーが使いやすく見やすいサイトを意識し、多くの人に知ってもらえるよう対策を実施しましょう

ホームページ集客のためにリスティング広告やディスプレイ広告を活用するなら、Yahoo!広告がおすすめです。Yahoo! JAPANの検索結果ページやYahoo! JAPANのサービスサイトに広告を掲載でき、高い集客効果が見込めます。事前の無料相談も受け付けているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Yahoo!広告 メールマガジン

Web広告やマーケティングの情報を配信しています。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み