このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告でピアノ教室の集客を成功させる秘訣は?
手法や事例を紹介

制作提供:株式会社 デジタルアイデンティティ

ピアノ教室の集客について、どうすればより効率よく生徒が集められるのか悩むことがあるのではないでしょうか。個人経営のピアノ教室の場合は特に、あまり集客に時間をかけられない場合も少なくありません。なるべく手間をかけず低予算で集客を成功させるにはどうしたらよいのでしょうか?

本記事では、Web広告を用いてピアノ教室の集客を成功させるコツをご紹介します。効率の良い集客方法に興味を持っているピアノ教室の経営者の方は、ぜひ参考にしてください。

従来のピアノ教室の集客・広告は?

ピアノ教室の集客方法として、これまではチラシ、ポスター、情報誌などの活用が一般的でした。また、コンサートを介した呼び込みや生徒の発表会を通じた口コミを活用して集客している教室も多いかと思います。
チラシやポスター、情報誌などは、ターゲットとしているエリアの住民に情報を届けられるメリットがあります。また、コンサートや発表会はピアノ教室に興味を持ってもらう絶好の機会です。

こうした従来の集客方法でもアプローチ次第で生徒の獲得につながりますが、インターネットにおける情報収集が主流となり、広告や集客のデジタル化が重要になってきています。そこでおすすめしたいのがWeb広告です。ピアノ教室の集客方法として、これまではチラシ、ポスター、情報誌などの活用が一般的でした。また、コンサートを介した呼び込みや生徒の発表会を通じた口コミを活用して集客している教室も多いかと思います。 チラシやポスター、情報誌などは、ターゲットとしているエリアの住民に情報を届けられるメリットがあります。また、コンサートや発表会はピアノ教室に興味を持ってもらう絶好の機会です。

こうした従来の集客方法でもアプローチ次第で生徒の獲得につながりますが、インターネットにおける情報収集が主流となり、広告や集客のデジタル化が重要になってきています。そこでおすすめしたいのがWeb広告です。

ピアノ教室の集客にWeb広告が向いている理由

なぜピアノ教室の集客にWeb広告が向いているのか、その理由として以下の3つが挙げられます。

地域やカリキュラムのレベルなどからターゲットを絞って集客できる

従来のチラシやポスター、情報誌による集客では、年齢や性別、カリキュラムのレベルを絞ったターゲティングができません。教室にマッチしたユーザーへのアプローチには不向きです。
一方Web広告であれば、ターゲットの年代や地域を限定したり、カリキュラムのレベルに合うユーザーに絞って広告を出したりと、見込みの高い生徒にアプローチできます。エリア以外にも細かくターゲティングができるのは、Web広告の大きな魅力です。

少額で始められる

Web広告は自分で広告費を決められ、他の広告と比べて比較的少額からスタートできます。そのため、個人でピアノ教室を運営している方でも気軽に始められます。

また、Web広告は例えば新学期など、もっとも集客したいタイミングに合わせて広告予算をコントロールできます。
さらに、Web広告のなかにはユーザーが広告をクリックしたときにのみ料金が発生する「クリック課金型」のメニューがあります。クリック課金型であれば、広告が掲載されてもクリックされなければコストがかからないため、限られた予算を有効に活用できます。

広告の運用に手間がかからない

従来の集客方法や広告と比較して、Web広告は運用に手間がかかりません。キーワードや予算を設定し、広告を作成すれば簡単に運用できます。

はじめてWeb広告を運用する場合、聞きなれない言葉や設定に戸惑ってしまうかもしれません。
Yahoo!広告では、はじめて広告を運用されるお客さま向けのサポート体制が整っています。はじめる前の個別カウンセリングや広告の効果を高めるためのアドバイスも無料でおこなっておりますので、初心者でも安心して運用をスタートできます。

また、広告を出稿した後はリアルタイムで広告の効果が可能です。広告の閲覧数からクリック数まで成果が数値で把握できるため、どんな広告の成果が良かったのかを確かめたり、なぜ成果が悪かったのかを分析したりすることで、より集客力の高い広告が作成できます。

ピアノ教室の集客に向いているWeb広告は?

Web広告にはネイティブ広告からアフィリエイト広告、SNS広告や動画広告などさまざまな種類がありますが、ピアノ教室の集客にそのなかでも「リスティング広告」がおすすめです。

リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告のことです。先ほどご紹介した「クリック課金型」の広告なので、費用対効果の高い広告といえます。

Yahoo!広告では「検索広告」という名前でご提供しております。Yahoo! JAPANの検索結果ページにユーザーのニーズに合った広告がテキストで表示されます。
ユーザー自身が検索しているため、ピアノ教室に興味を持っていたり情報収集をしていたりする「意欲の高まっているユーザー」に直接アプローチできる大きなメリットがあります。

前述のとおり、Yahoo!広告はサポート体制が充実しているため、広告運用の初心者でも気軽にはじめられます。ぜひご検討ください。

あなたの商品・サービスを探している人に届く!Yahoo!広告について詳しく見る

ピアノ教室のWeb広告、成功のためのポイント

費用対効果が高いリスティング広告です。ここでは、Web広告を活用してピアノ教室の集客の効果を最大限に引き出すコツをご紹介します。

教室周辺の地域に絞ってアピールする

ピアノ教室の多くは地域密着型なので、Web広告でも対象を周辺エリアに限定すれば効率のよい集客が可能です。
教室に通える範囲に住んでいたり教室に通えたりできるユーザーに絞ってアピールしましょう。広告文にエリア名を含めるのも有効です。

教室の特色をアピールする

「プロを目指している」、「楽しくピアノが弾けるようになりたい」、「音楽の基礎をピアノで学びたい」など、生徒によってピアノ教室に通う目的は異なります。

教室の特色を明確にし、適切にアピールすれば、教室にマッチしない広告のクリックが防げます。

ターゲットユーザーの年齢層や、どのようなスキルを求めている人向けなのかなど、ピアノ教室の特徴を具体的に整理しましょう。そのうえで広告を表示させるキーワードを決めたりターゲティング設定を行ったりすれば、少ない予算で親和性の高いユーザーにアプローチできるようになります。

広告のPDCAサイクルを回す

運用を始めたら定期的に効果測定をおこないましょう。効果測定は広告を最適化するためにも必要不可欠です。広告の表示数やクリック数などの数字をリアルタイムで把握し、費用対効果を測定することで、より集客力の高い広告となります。

ユーザーに刺さるピアノ教室の広告を作成するには

最後に、ユーザーに刺さるピアノ教室の広告を作成するポイントをご紹介します。

ピアノ教室に通うことで得られるメリットを伝える

より多くの人の目を惹きつける広告を作成するためには、教室に通うことでユーザーにどのようなメリットがあるのか、しっかり訴求することが大切です。

単に「ピアノが弾けるようになります」と伝えるだけでは不十分です。ピアノ教室に通うことで技術が身に付いたときに、どのようなベネフィットがあるのかまで伝えましょう。 例えば、子供の場合は「集中力や暗記力が高められる」や「リズム感が養われる」、大人の場合は「音楽で自己表現ができるようになる」などがピアノ教室に通うメリットといえるでしょう。

ピアノ教室に通い、技術が身に付いたその先まで想像できる広告を作成することで、ユーザーは目的を持って教室を選べます。

年齢層や目的の明示などターゲットを明確に伝える

子供向け、大人向け、音大受験など誰向けの教室なのかを明確に伝えましょう。ターゲットを明確すると、広告をクリックするユーザーが絞りやすくなります。

さらに、そのターゲットに応じた文言や情報を掲載すれば、広告の成功率はアップします。
例えばプロ志望の生徒が集まる教室であれば生徒のコンクール受賞実績を、初心者向けの教室であれば教室の雰囲気や生徒同士の交流をアピールするとよいでしょう。

動画投稿など音楽ならではのアプローチも有効

SNSの活用は、音楽ならではの友好的なアプローチ方法です。講師のピアノスキルやレッスン風景、発表会などの動画を投稿し、ターゲットにアピールしましょう。動画とSNSは相性がとても良く、リンク先を明記すれば相乗効果が期待できます。

音楽は、音や動きが多くの人を惹きつけます。そのため、文字やイラストだけではなく、動画も取り入れてアプローチすることが大切です。

まとめ

本記事では、ピアノ教室における集客・Web広告について解説しました。従来のチラシや口コミのみで集客をおこなっている教室も多いと思いますが、デジタル手法が主流になってきている今、Web広告を取り入れることでより効率的な集客が目指せます。

Web広告には、ターゲットを絞って集客できる、少額で始められる、運用に手間がかからないなどのメリットがあります。
Yahoo!広告では、初心者でも簡単に広告を運用できるようサポート体制を整えております。これからWeb広告をはじめたい方はぜひお気軽にご相談ください。

日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

関連記事

<< 記事一覧に戻る
本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード