このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

サロンの集客を成功させるWeb広告とは?具体的な手法や事例を紹介

制作提供:株式会社 デジタルアイデンティティ

集客に悩みを抱えるサロンオーナーは少なくありません。サロンの集客にはさまざまな手法がありますが、もし成果が出ていないようであれば、現状の集客方法が適切でない可能性があります。

「新規の顧客がなかなか増えない」「いまの集客が本当にサロンに適しているのかわからない」「費用対効果の高い方法について知りたい」という方に向け、本記事では、サロンオーナーの集客の悩みを解決する集客方法や成功事例をご紹介します。

従来のサロンの集客・広告は?

従来のサロンの集客方法として、チラシ、フリーペーパー、DM(ダイレクトメール)、口コミなどが挙げられます。なかでも口コミは多くのサロンが今でも活用している、重要な広告ツールです。
影響力のあるユーザーによるポジティブな情報の発信は、たしかに高い集客効果が見込めます。しかし、サロンの数が多いからこそ集客を口コミだけに頼るのは十分といえません。

より高い広告効果を求めるのであれば、従来の集客方法に加え、Web広告の活用がおすすめです。

サロンの集客にWeb広告が向いている理由

ここでは、サロンの集客にWeb広告が向いている理由を具体的に解説します。

見込みの高いユーザーに向けてアプローチが可能

不特定多数に情報を発信するチラシでは、見込みの低いユーザーが含まれるほか、チラシを作成・配布する労力やコストがかかります。多くのユーザーにリーチしているのにも関わらず、なかなか新規顧客を獲得できません。

一方Web広告では、サロンの商品やサービス内容に興味があり、来店する可能性が高い「見込みの高いユーザー」に絞ったアプローチが可能です。ターゲットを絞りながら広告出稿ができるため、従来の集客方法よりも効率よくアプローチできます。

効果測定がおこなえる

Web広告のメリットとして、簡単に効果測定がおこなえることも挙げられます。

例えば、広告が表示された回数や実際に広告がクリックされた数、さらにはコンバージョン数までリアルタイムに把握できます。広告を掲載して終わりではなく、さまざまな指標から見直し、改善できるのがWeb広告の強みといえます。
広告運用の現状を確認できるレポート機能を活用すれば、広告の問題点や課題を可視化し、広告効果向上につなげられます。

効果を見ながら広告を改善できる

Web広告では、簡単に広告内容の変更や出稿停止がおこなえます。

>出稿した後、効果を見ながら改善を加えることで費用対効果を高めながら広告を運用できます。従来の広告手法では一度作成したチラシや送信したメールの内容をその場で変えることはできません。こうしたスピード感や柔軟性もWeb広告の大きなメリットです。

サロンの集客に向いているWeb広告は?

一口にWeb広告といっても、リスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告などさまざまな種類があります。その中でもサロンの集客には「リスティング広告」がおすすめです。

リスティング広告では、ユーザーが検索したキーワードに応じて検索画面に広告が表示されます。商品やサービスに興味を持ち「詳しく知りたい」と行動を起こしたユーザーに絞ってアプローチできるため、サロンで提供しているサービスや解決できる悩みに沿ったキーワードで広告を掲載すれば、効率よく見込みの高いユーザーにサロンをアピールできます。
また、配信地域を限定できるため、サロンがある地域に絞って広告を配信すればコストカットにもつながります。

より潜在的なユーザーにアプローチしたい場合は、テキストだけでなく画像や動画を用いることができる「ディスプレイ広告」もおすすめです。ニーズが近しいユーザーが多く閲覧するサイトやアクセスの多いサイトに広告を掲載できるため、認知拡大にもつながります。

Yahoo!広告では「検索広告」と「ディスプレイ広告」の2種類があります。どちらも料金体系が「クリック課金」となっているため、広告がクリックされた場合のみ費用がかかります。

また、Yahoo!広告はサポート体制が充実しているため、専門的な知識がなくても安心してお試しいただけます。

リスティング広告についての詳しいサービス内容はこちらをご覧ください。

あなたの商品・サービスを探している人に届く! Yahoo!広告について詳しく見る

サロン集客のためのWeb広告、成功のためのポイント

それでは次に、Web広告をどう活用すれば集客を成功させられるのか、ポイントをご紹介します。

サロンのメニューや内容を明記する

サロンといってもサービス内容やメニューは多岐に渡ります。
ユーザーが広告を一目見てわかるように、サロンメニューや内容をわかりやすく明記することが大切です。例えばエステサロンの場合、「フェイシャル」、「ヘアケア」、「脱毛」など訴求したいメニューを明確にしましょう。

ターゲットを「地域」「年齢」にしぼってキーワードを選ぶ

年齢層によって目的としている施術内容や予算は異なります。また、地域によって通いやすさにも差が出るため、より見込みの高いユーザーにアプローチしたい場合はターゲットユーザーやサロンがある場所に合わせて「地域」や「年齢」を絞りましょう。サロンと親和性が高く通いやすいユーザーとマッチする可能性が高くなり、成功につながります。

※ターゲティングできる項目は広告の種類によって異なります

シーズンだけでなく年間単位で出稿する

新規オープンやキャンペーン実施にあわせて認知拡大をねらう場合、シーズンを限定して広告を掲載することもあります。また予算との兼ね合いもあり、短い期間のみ広告を出稿したい方もいるでしょう。

しかし認知拡大を目的とする場合、Web広告はシーズンを限定するのではなく、年間単位での出稿が大切です。なぜなら期間限定の広告では多くのユーザーの目にとまる前に掲載が終了してしまい、高い効果が期待できません。口コミが徐々に浸透するのと同じように、Web広告も継続して出稿し続けることで高い集客効果を発揮します。

また、成果をもとに改善できるのがWeb広告のメリットです。長く運用を続ければどのようなかたちで広告を掲載するのがもっとも効果的か分析できるようになるため、こうした観点からも長期的な取り組みをおすすめします。

日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

ユーザーに刺さるサロンの広告を作成するには

最後に、ユーザーに刺さるサロンの広告を作成するためのポイントをご紹介します。Web広告は、ターゲットとしているユーザーの目を惹きつけるために工夫して広告を作成する必要があります。

まずは、サロンの強みを前面に打ち出しましょう。周辺地域で自分のサロンにしかできない施術があれば記載し、安価であることが特徴の場合なども広告に載せます。「駅から徒歩距離で通いやすい」や「プライバシーに配慮した個室」など他のサロンとの差別化を図る情報も、ユーザーの目に付きやすい箇所に配置しましょう。>

サロンに通うことで得られるメリットを提示する

サロンに通うことでユーザーが得られるメリットやベネフィットを記載しましょう。「施術を受けることで、どのような効果が期待できるのか」を提示すれば、ユーザーはサロンに通うイメージが付きやすくなります。ディスプレイ広告の画像や動画によるアピールも有効です。

ユーザーの持つ「悩み」に対して訴求する

サロンについて情報収集しているユーザーは、解決したい悩みを抱えている人が多くなります。そのため、ユーザーの悩みに訴求することが大切です。
「サロンを訪れるお客さまやこのメニューを選ぶ方はどのような悩みを抱えているか」といったように、ユーザーの気持ちやニーズを意識して広告を作成しましょう。

ただし、サロンの場合は記載方法によっては景品表示法や薬機法に抵触する恐れがあるため、文言には注意が必要です。施術効果には個人差があることを説明し、誇大表現はせず誤解のない内容を記載しましょう。

まとめ

本記事では、サロンにおける最適な集客方法と広告について解説しました。従来はチラシ、フリーペーパー、DMなどが一般的でしたが、インターネットやスマートフォンが普及し身近になっている近年は、Web広告の活用がおすすめです。

サロンの集客においては、地域と年齢など「サロンと親和性が高いユーザー」に絞ったターゲティングが重要です。
リスティング広告は上記のようなターゲティングができるのに加え、予算に合わせた広告の配信や広告の効果を最大限に高める効果測定も実現できます。さまざまなサイトに広告を掲載でき、視覚的にアピールできるディスプレイ広告もおすすめです。

また、広告出稿をする際には、ユーザーに刺さる広告の作成が重要です。サロンの特色を明確にし、通うことで得られるメリットを訴求することが、見込み顧客の獲得につながります。

Yahoo!広告は、初心者でもはじめやすいようにサポートが充実しています。サロンに関するノウハウも豊富なため、現状の集客に課題を感じている方はぜひ検討してください。

日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

関連記事

<< 記事一覧に戻る
本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード