このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

バナー広告とは?特徴やメリットデメリット、成功させるコツも解説

制作提供:株式会社 デジタルアイデンティティ

バナー広告は、ビジュアル面での訴求力が高い広告手法として多くの企業で活用されています。
本記事ではバナー広告の概要や特徴、メリットやデメリットについてわかりやすく解説します。また、バナー広告出稿のポイントや、成功するためのコツもあわせてご紹介します。

バナー広告とは

まずは、バナー広告の基本について解説します。

バナー広告の仕組み

バナー広告はインターネット上の広告枠に画像あるいは動画が表示される形式の広告です。
掲載するクリエイティブ(広告用の素材)については、広告メディアによって長方形や横長、正方形、縦長など、形状ごとに規定のサイズが定められています。

バナー広告の種類

バナー広告にはどのような種類があるでしょうか。運用方法の違いにより、次の2つに分けられます。

純広告型バナー広告

Webサイトやアプリ上の広告枠を、一定期間の固定料金で買い取って表示するバナー広告のことです。そのWebページやアプリ画面にアクセスした全ユーザーに向けて表示されます。

運用型バナー広告

広告担当者がクリエイティブや入札額、ターゲット設定などをリアルタイムで変更・改善しながら運用し続けるバナー広告のことです。訪問者の属性や興味関心にあわせて調整が可能な分、純広告型よりも手間がかかります。

バナー広告で実現できること

バナーのビジュアルに引き寄せられてクリックした人を目的のWebページ(ランディングページ)に誘導できるほか、視覚的な訴求を通じて商品やブランドなどの認知向上に貢献できます。
まだ商品やブランドを認知していないユーザーに対してもアプローチできるという特徴があります。

バナー広告とディスプレイ広告の違い

しばしば混同されるバナー広告とディスプレイ広告。ディスプレイ広告はテキストや動画などを含め、Webサイトやアプリ上の広告枠に表示される広告全般を指す用語であり、バナー広告はそのうちのひとつに含まれます。

バナー広告のメリット

視覚的にアピールできる

バナー広告の最大の特色は、視覚的なアピールです。
商品やブランドなどのイメージやコンセプト、伝えたいメッセージなどを直接クリエイティブに反映できます。魅力的なクリエイティブであるほど多くの人々の目にとまり、クリック数の増加につながります。

課金されるタイミング

入札戦略によって異なりますが、基本的にリスティング広告の予算(広告費)はクリック課金制となっており、広告がクリックされたタイミングで広告費が発生する仕組みとなっています。

広告が表示されただけでは課金されないのがリスティング広告の特徴です。

潜在層を対象にアプローチできる

仮にターゲットが絞り込めていない場合でも、魅力あるクリエイティブを通じて幅広い層にアプローチをおこない、新たなターゲットを絞り込んで次の施策につなげられることも、バナー広告の強みです。
ターゲットの興味関心や属性にあわせて表示するクリエイティブを切り分けるなどの取り組みをおこない、広告の運用効率を高めましょう。

信頼性や認知度アップに寄与する

魅力あるビジュアルでブランドや企業に対するポジティブなイメージを高め、信頼性や認知度の向上に寄与できます。
特にここ数年はSNSでの広告動画配信による高い宣伝効果が注目されており、BtoC(消費者向け)やBtoB(企業向け)の垣根を超えて、認知向上目的で動画を利用する企業やブランドが増えています。

バナー広告のデメリット

バナー広告には、視覚的な訴求力により運用面で多くのメリットがある一方、デメリットも存在します。順に見ていきましょう。

バナー作成の工数がかかる

バナー広告の命は、何といってもクリエイティブの魅力です。せっかく費用をかけて広告を出稿しても、ビジュアルにインパクトがなければ、高い広告効果は見込めません。そして、魅力的なクリエイティブの作成にはそれなりの工数(手間やお金)がかかります。

クリエイティブの出来で効果が変わる

前述のとおり、クリエイティブの出来次第で広告の効果が変わる可能性があります。したがって、A/Bテストの実施やバナーの見栄えの変更などで調整しつつ、どのクリエイティブがより強くターゲットやセグメントを誘引するのかを見極めながら、広告の費用対効果を高めていく必要があります。

日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

バナー広告の出稿方法

リスティング広告は1クリックごとの課金方式のため、入札額の調整によって費用のコントロールができます。予算の決め方は、広告予算全体の何%という決め方でもよいのですが、効果を上げるためより具体的な指標をもとに設定するのがよいでしょう。

それでは、予算の決め方を詳しく見ていきましょう。

目的の明確化

まずは「広告を打つ目的」を明確化しましょう。
新ブランドの認知向上、特定の商品のアピール、イベントの集客など目的は多岐にわたります。広告を打つ目的がはっきりしないまま出稿を進めると、広告運用自体が目的化してしまう恐れもあるので、注意が必要です。

ターゲットの絞り込みと要素の洗い出し

目的を明確にしたら、次は誰に向けて広告を打つのか、ターゲットを絞り込みます。これをもとにシナリオ(ストーリー)を準備し、シナリオに基づいて、広告に盛り混みたい要素(キャッチコピーや情報、キーとなるビジュアルイメージなど)を洗い出していきます。

喚起したい行動の設定

次に、広告を通じてターゲットに喚起したい行動、つまり広告を通じてターゲットにどのようなリアクションを示してもらいたいのかを設定します。レポーティングやPDCAで注目すべき指標やコンバージョン、KPI設定にも関連する重要な部分です。

出稿する広告のタイプ、およびサイズの決定と広告メディアの選定

出稿する広告の目的に合わせて、どのようなタイプおよびサイズの広告を出稿するのかを絞り込みます。バナーのタイプおよびサイズは、広告メディアごとにプランやガイドラインが異なるので、詳細は事前に確認しておきましょう。

クリエイティブの制作

出稿する広告サイズが定まったら、実際に広告に掲載する画像あるいは動画の制作に着手します。制作を担当するクリエイターにポイントをまとめた資料や自社の広告ガイドライン、ロゴデータなどの必要な素材を渡し、原案ができ上がったら適宜修正を施して完成させましょう。

広告メディアでのキャンペーンの作成と公開

クリエイティブが仕上がったら、いよいよ広告メディアで出稿手続きをおこないます。広告メディアにもよりますが、アカウントの開設さえ済んでいれば、一般的にはさほどの手間はかかりません。クリエイティブのアップロードから予算やターゲット、掲載期間などの設定までスムーズに進められます。

バナー広告の費用

バナー広告の費用はどれくらいかかるのでしょうか。いくつかの課金方式があるので、順に見ていきましょう。出稿したいバナー広告の種類によっても課金方式が変わります。

期間保証式

広告の掲載期間に応じて一定の料金を支払う課金方式です。バナー広告が何度表示されたのか、何回のクリックが発生したか、うち何人がコンバージョンに至ったかに関係なく、例えば1ヵ月間の枠で10万円など、広告料金が固定されているのが特徴です。

インプレッション課金方式

インプレッションとは、その広告が表示された回数です。SNSでは、広告だけでなく投稿が表示された回数にもインプレッションという用語が使われています。よって、インプレッション課金方式では、ユーザーがそのWebページで広告を閲覧した回数が1インプレッションとしてカウントされ、そのインプレッション数に応じて広告料が課金されます。

クリック課金方式

この課金方式では、バナー広告が何回クリックされたかで料金が決定します。1クリックごとの相場には幅がありますが、クリックされる回数が増えるに従い、単価は下がります。うまく運用できればクリック単価が下がり、費用対効果を向上させることができます。

成果報酬方式

実際にバナーをクリックしたユーザーが目的のリアクションを起こす、つまりコンバージョンが発生するたびに料金が発生するのが、成果報酬方式です。例えば、保険の新商品をアピールする広告の場合、バナーをクリックし、さらにそのランティングページの情報を閲覧して商品に関心を持ち、問い合わせフォームに入力して送信まで完了した時点で、コンバージョン成立となります。

バナー広告を成功させるコツ

次に、バナー広告を成功に導くためのコツをご説明します。

アピールしたいポイントやユーザー像を明確にする

出稿手順の部分でも軽く触れましたが、広告の目的が明確化されていれば、そのなかでアピールしたいポイントやユーザー像も次第に明確化されます。

例えば、特定の旅行商品をアピールしたい場合、その商品内容によりターゲットが絞りこめます。卒業時期の商品なら学生、夏休み向けの商品ならファミリー層、地中海クルーズなら熟年富裕層などが挙げられます。

ターゲットが明確化されたら、次に、どういったアピールポイントがターゲットに響くのかを検討します。

ユーザー像やアピールポイントが不明瞭な広告の場合、メッセージが曖昧な広告に成り下り、出稿しても残念な結果で終わる可能性があるので、注意が必要です。

ポイントやターゲットを意識したクリエイティブを作成する

ポイントやターゲットが明確化されたら、それを意識したクリエイティブを準備することも、バナー広告を成功に導くうえで重要な一手です。
例えば、クリスマスシーズンの旅行商品を訴求するなら、クリスマスツリーや雪、教会、トナカイなど、クリスマスを連想させる要素が含まれる画像や動画を制作するとユーザー側も理解しやすくなります。

クリエイティブ制作で失敗しないための秘訣は、企画側と実際にクリエイティブを作成するクリエイター側で認識の祖語が起きないようによくすり合わせることです。
ターゲットやシナリオ、盛り込むべき要素を細かく指定するほか、バナーにロゴやコーポレートカラーなどを使用する場合は、自社独自のガイドラインも共有します。

運用しながらクリエイティブを改善する

オンライン広告が従来の4マス広告と大きく異なる特徴は、高い柔軟性です。一度公開したら何もせずに結果を待つだけではなく、掲載期間中も見直しがしやすいメリットがあります。

例えば、広告掲載をスタートしてから1週間以上経っても、思ったほどのコンバージョンが得られない場合、クリエイティブがターゲットに対して適切ではない可能性があります。その場合は、クリエイティブを差し替えるなど、様子を見ながら成果を徐々に改善していくことが可能です。

まとめ

バナー広告はビジュアル面でのアピールに優れることから、認知度の向上や潜在層の獲得につなげやすい特徴があります。バナー広告にも、運用方式や課金方式の違いによりさまざまな種類が存在するので、広告の目的に合わせた選定が必要です。また、ターゲットやアピールポイントなどを踏まえて適切なクリエイティブを創出し、公開後も適宜調整を加えながら運用し、広告の効果を高められます。

魅力やメリットが多いバナー広告ですが、実際、出稿に利用できる広告メディアにはたくさんの選択肢があります。Yahoo!広告のディスプレイ広告(運用型)なら、Yahoo! JAPANのトップページや広告の掲載枠があるWebページ、アプリ画面に、画像や動画付きで広告を表示できます。ぜひご検討ください。

日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

関連記事

<< 記事一覧に戻る
本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード