このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

PPC広告とは? メリット・デメリット、費用や始め方を解説

制作提供:株式会社 デジタルアイデンティティ

PPC広告はインターネット広告の中でも取り組みやすく、低予算でも売り上げアップが期待できる広告です。
今回は、PPC広告をよく知らない人を対象に、PPC広告の概要、メリットやデメリット、広告を成功させるためのポイントなどをご紹介します。

PPC広告とは

PPC は、「クリック1回ごとに支払う」という意味の「Pay Per Click」の頭文字を取ったものです。
ユーザーが表示された広告をクリックして広告主のランディングページに移ると、広告主へクリック1回分の金額(クリック単価)が課金される仕組みです。

また、PPC広告はアカウント登録や広告設定などの費用がかからず、紙の広告のように多額な初期投資が必要ないことも特徴です。

PPC広告とリスティング広告の違い

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果ページ表示されるテキスト広告のことで、検索連動型広告とも呼ばれています。広告主が設定した検索キーワードとユーザーが検索した際に使ったキーワードがマッチすると広告が表示される仕組みとなっています。
ユーザー自身が検索したキーワードに応じて広告が表示されるため、ユーザーが商品やサービスに興味を持ったタイミングでアピールできるのが特長です。
リスティング広告もクリックされたタイミングで費用が発生するためPPC広告の一部といえますが、リスティング広告が広告の「表示方法」であるのに対し、PPC広告は「課金方法」を指しています。

ちなみにPPC広告にはリスティング広告のほか、ディスプレイ広告、SNS広告なども含まれます。

他にもある! Web広告の課金方法

Web広告には、PPC広告以外にもいくつかの課金方法があります。代表的な課金方法には下記が挙げられます。

● インプレッション課金:CPM(Cost Per Mille) 広告が1,000回表示されるごとに課金される仕組み
● エンゲージメント課金:CPE(Cost Per Engagement) ユーザーが広告にエンゲージメント(反応)すると広告費が発生する仕組み
● 視聴課金:CPV(Cost Per View) ユーザーが動画広告を一定時間視聴すると課金される仕組み

PPC広告のメリット

PPC広告は、大企業やECサイト運営者だけでなく、中小企業や個人経営店まで幅広い広告主が売り上げアップのために活用しています。その具体的なメリットを解説します。

費用対効果が高い

PPC広告は、ユーザーが広告に興味を持ってクリックした場合に課金されます。広告文が表示されても、ユーザーがクリックしなければ費用は発生しません。

効果が容易に測定できる

PPC広告は、掲載効果に関係するさまざまな指標、数値をオンラインの管理画面上でリアルタイムに確認できます。
広告管理画面で確認できる基本的な指標をご紹介します。

インプレッション数(広告が掲載された回数)

広告がユーザーにどれだけ表示されたかを示します。
見込み客がお店や商品、サービスの情報を目にした回数のことです。さらに、「ユーザーが広告を見たのにクリックしなかった」といった細かい情報もわかります。

クリック数

広告がクリックされた回数のことです。1回のクリックごとに広告費用が発生します。
広告を目にしたユーザーが、その広告に対してどの程度の関心を持ったかを把握する指標です。また、クリックしたくなるような広告が出せているか、ターゲティングができているかを判断する目安です。

クリック率(広告が表示された回数のうち、ユーザーがクリックした回数の割合)

広告が表示された回数のうち、どのくらいクリックされたかを示す割合を指します。見込み客が商品、サービスのページに遷移した割合を測ることができ、ページに訪問したくなるような広告をどの程度掲載できているかを判断する基準となります。

コンバージョン

広告主にとっての、Web上での最終的な成果を意味します。
ユーザーによる問い合わせ、メールアドレスなどの情報登録、資料請求、商品・サービスの購入など、広告主によって目標とするコンバージョンはそれぞれ異なります。
なお、コンバージョン率(%)は「コンバージョン数÷クリック数×100」の計算式で算出します。

費用

ユーザーが広告をクリックすることで発生した料金です。
広告料金は、クリック数×クリック単価で計算されます。
例えば、1クリック100円の設定で運用されているPPC広告では、100回クリックされると10,000円、150回クリックされると15,000円というように、クリックされるほど広告費が高くなります。

上記の主要指標などを、パフォーマンスレポートとして出力、確認できます。また、広告主のニーズに応じてカスタマイズ可能です。広告主はその数字をチェックすることで、その後の広告出稿のプランを随時変更することができます。

低予算で始められる

PPC広告は低予算で始められることが特徴です。
初期費用はかからず、出稿後も低予算で運用できます。Yahoo!広告なら最低出稿金額がありませんので、効果が得られたら予算を柔軟に変更し、ニーズに見合った広告のパフォーマンスの実現が可能です。

内容の修正や出稿停止/再開が簡単

いつでも設定内容の修正や出稿停止/再開が可能です。
例えば紙の広告の場合、訴求したい商品やサービスを見直したり広告内容を変更したりしたくても難しく、広告の作成や掲載するために支払ったコストは戻りません。
一方、PPC広告なら一時的な出稿停止や再開を自分で決められ、広告の文章も簡単に修正できます。成果を見ながら柔軟に対応できるメリットがあります。

日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

PPC広告のデメリット

PPC広告を利用すれば、広告費を抑えながら効果を得ることができます。ただしPPC広告にも押さえておきたいポイントがいくつかあります。ここからはPPC広告において想定されるデメリットを説明します。

運用し続ける必要がある

PPC広告は、成果を上げるために定期的に効果をチェックし、運用しながら改善を続けることが大切です。設定したキーワードの表示回数やクリック回数などを定期的に確認し運用することで、はじめて大きな成果へとつながります。

長い間、改善せず放置すると、効果が出ないどころか、コンバージョンにつながらず無駄な費用がかさむ可能性があります。

競合が多いとクリック単価が高くなることがある

クリック単価はオークション形式の入札で決定します。競合の多い商品やサービスで人気のあるキーワードの場合、クリック単価が高くなる可能性があります。

できるだけ低予算で広告運用をしたい場合は、より具体的なロングテールキーワード(複数語の組み合わせからなるキーワード)や入札単価の低いキーワードを登録することが重要です。

人気の高いキーワードだけを狙うのではなく、定期的にキーワードを見直し、親和性の高いキーワードを探しながら運用しましょう。

PPC広告を成功させるコツ

最後に、PPC広告を成功させるために意識したいポイントを4点ご紹介します。

キーワードの設定についてよく検討する

商品やサービスに見合ったキーワードを登録することで、適切なユーザーに広告文を表示することができます。キーワードの適切な設定は、多くのコンバージョンを達成するために必要不可欠なプロセスです。

そのためには、ユーザー目線でキーワードを決定することが重要です。ユーザーが商品やサービスを検索するとき、どのようなキーワードの入力をするのか想像し、ユーザーが使いそうな言葉を選びます。管理画面の「キーワード候補機能」でチェックする方法も有効です。

ユーザーを惹きつける広告文を意識する

多くの検索結果の中からユーザーに選んでもらえる魅力的な広告文を作りましょう。

その上で重要となるのが、ユーザーが注目しそうなタイトルにすることです。そのためには、商品やサービスの特長を端的に表現する言葉を使います。タイトルの中には検索キーワードやアピールしたいポイントを入れましょう。キーワードをタイトルや説明文に入れると、ユーザーが注目しクリックする可能性が高くなります。

広告文を複数用意して設定し、広告テストをおこなうことも有効です。広告テストとは、複数の広告文を作成・配信し、どの広告文がより多くのクリックやコンバージョンにつながったかを測定する方法です。

対象外(除外)キーワードを活用する

「対象外(除外)キーワード」とは、広告主のランディングページの内容や商品、サービスと関係のない検索に対して広告を表示させないように設定するキーワードです。設定した対象外キーワードをユーザーが入力や検索しても広告は表示されません。

対象外キーワードを適切に設定すると、クリックによる無駄な課金を防ぐことができます。興味のあるユーザーのみに的を絞って効果的に広告を表示するために、対象外キーワードを有効に活用しましょう。

質の高いランディングページを設定する

PPC広告の役割は、広告主のランディングページまで誘導することです。そこからコンバージョンにつなげるには、質の高いランディングページを用意することが重要です。
せっかく訪問したユーザーが離脱しないよう、商品やサービスの特徴がしっかりと伝わるようなランディングページを準備しましょう。

まとめ

PPC広告は、手軽にかつ低予算で出稿でき、効果も容易に測定できます。

Yahoo!広告は、日本最大級のメディアYahoo! JAPANに広告を掲載するサービスです。あなたの商品やサービスを探している人に広く広告を届け、集客の課題を解決します。
はじめてで不安な方や設定の時間が取れない方にはYahoo!広告の専門スタッフがしっかりサポートします。個別カウンセリング、掲載開始までの代行設定から広告効果を高めるためのアドバイスまで、すべて無料で受けられます。初心者でも安心して始められますので、ぜひご検討ください。

日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

関連記事

<< 記事一覧に戻る
本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード