【検索広告】アイテムIDによるキャンペーンエディターの操作改善について

English translation

対象サービス

Yahoo!広告 検索広告

実施日

2021年5月6日(木)

概要

キャンペーンエディターでの一括操作やインポートにおいて、アイテムIDを用いた操作対象の指定に対応しました。
対象となるアイテムIDは、以下のとおりです。

  • キャンペーンID
  • 広告グループID
  • 広告ID
  • キーワードID
  • ターゲットリストID(キャンペーン、広告グループ)
  • ページフィードID(キャンペーン、広告グループ)
  • 自動入札ID(ポートフォリオ入札設定)
従来はキャンペーン名など、入稿アイテムの名称で操作対象を指定していました。このため、例えば既存キャンペーンの名称を変更する場合などで、一括操作をしにくい面がありました。
今回の改善により、アイテムIDによる操作対象の指定が可能になり、既存アイテムの操作における利便性が向上しました。


[Search Ads] Campaign Editor enhancement completed

Product

Yahoo! JAPAN Ads Search Ads

Effective date

May 6, 2021 (Thu)

Overview

It is now possible to specify the operation target using the item ID in batch operations and importing process in the campaign editor. The subject item IDs are as follows.
  • Campaign ID
  • Ad Group ID
  • Ad ID
  • Keyword ID
  • Target list (campaign, ad group)
  • Page feed (campaign, ad group)
  • Portfolio bidding

Previously, the item to be operated was specified by the item name to be added such as the campaign name. Therefore, it was not simple to change the existing campaign name, etc.
With this enhancement, it became available to specify the operation target by item ID and will improve the operation of existing items.