【検索広告】パフォーマンスレポートなど一部機能の変更について

English translation

対象サービス

Yahoo!広告 検索広告

実施日(予定)

2021年10月20日(水) ※日程は変更になる場合があります。

概要

今後の機能追加などに先がけて、パフォーマンスレポートの一部機能を変更します。また、コンバージョン測定の目的のレポート表示も合わせて変更します。
実施日以降に新規作成するレポートおよびテンプレートは、変更後の内容でレポートが出力されます。
主な変更点は項番4. 以降をご確認ください。なお、変更事項が多岐にわたるため、詳細は以下の資料(PDFファイル)をダウンロードしてご確認ください。

パフォーマンスレポートの変更点

実施日以降に新規作成するレポートおよび新テンプレート(以下、新レポートと表記)での変更点は、以下のとおりです。

レポートの追加

以下のレポートを新たに追加します。
  • ランディングページURLレポート
    広告をクリックして表示されたランディングページURLを中心とした効果測定値を確認できます。
  • 入札価格調整率レポート
    キャンペーンと広告グループに設定した入札価格調整率の一覧を出力できます。
  • サイトリターゲティングレポート(キャンペーン単位)、サイトリターゲティングレポート(広告グループ単位)
    サイトリターゲティングレポートをキャンペーン単位と広告グループ単位に分割します。

レポートの終了

以下のレポートの提供を終了します。なお、実施日以前に作成したテンプレートを利用する場合、以下のレポートも引き続き作成できます。
  • 最終リンク先URLレポート
    後継となるランディングページURLレポートをご利用ください。
  • サイトリターゲティングレポート
    後継となるサイトリターゲティングレポート(キャンペーン単位)、サイトリターゲティングレポート(広告グループ単位)をご利用ください。

項目の追加

以下のレポートで項目を追加・変更します。
  • 地域別レポート
    -「大都市圏」を追加。
    -「市・区・郡」を「地域の詳細」に変更
  • 広告レポート、キーワードレポート、広告表示オプションレポート
    「最終リンク先URL(スマートフォン)」を「スマートフォン向けURL」に変更
  • 広告表示オプションレポート
    「アドカスタマイザー」を追加

項目の削除

以下のレポートから項目を削除します。
  • キャンペーンレポート、広告グループレポート
    「スマートフォン入札価格調整率(%)」「PC入札価格調整率(%)」「タブレット入札価格調整率(%)」を削除
    ※新たに追加する「入札価格調整率レポート」をご利用ください。
  • 検索クエリーレポート(動的検索連動型広告)
    「ドメイン」「対象外キーワード登録状況」を削除

項目および表示の変更

以下の項目および数値表示を変更します。
  • 項目「デバイス」の選択肢を以下のとおり変更します。
    - フルブラウザ搭載の携帯端末 → スマートフォン
    - フルブラウザ搭載のタブレット端末 → タブレット
  • 数値の表示が有効な桁数に満たない場合、従来は末尾に「0」(半角数字)を付けていましたが、新レポートでは削除します。
    例:1.3800 → 1.38
  • 値が存在しない場合の表記を、以下の通り変更します。
    - 値が数値の場合、従来の「0」(半角数字)と「—」から、「0」に変更
    - 値が文字列の場合、従来の「—」から空白(空欄)に変更
また、一部の項目で以下の変更を実施します。対象項目と詳細は、項番3.の資料をご確認ください。
  • 従来は切り捨て対象だった小数点以下の値を表示
  • 10%より小さい値を「0.1」から「0.0999」に変更
  • 90%より大きい値を「0.9」から「0.9001」に変更
  • 桁数処理について、「小数点第3位で四捨五入」から「小数点第5位で四捨五入」に変更
  • 除算を含む項目をフィルターに指定した場合、その分母と分子の両項目を表示項目に指定すると、合計行が計算される。それ以外の場合、合計行は0で表示される

その他の変更  ※詳細は項番3.の資料をご確認ください。

  • レポートごとの組み合わせ不可項目を変更します。
  • ラベル(JSON)の出力形式を変更します。
  • 検索クエリーレポート(動的検索連動型広告)において「URL」項目の値が異なる場合、表示項目で「URL」を未選択でも、別のデータ行として出力します。
  • 新レポートでは、「レポート出力の設定」から「レポートで抽出する項目」(インプレッションがない項目は含まない)が削除されます。
    インプレッションのない項目の大量出力を防ぐため、新レポートの設定画面では、初期設定で「フィルターをかける」項目の「インプレッション数」を「「1」以上」に設定します。インプレッションのない項目も出力する場合は、この設定を削除してください。

コンバージョン測定の目的のレポート表示変更について

現在はアプリコンバージョンのみ利用できる新しい方式のコンバージョン測定を、今後ウェブページなど全てのコンバージョンに拡大予定です。「コンバージョン測定の目的」が、従来の数種類から19種類と大幅に増加し、広告の狙いに合わせた目的を選択しやすくなります。

これに対応するため、新レポートで「コンバージョン測定の目的」を設定して出力した場合、現在のコンバージョン測定の目的が新しい目的名で表示されます。詳細は下図でご確認ください。
新コンバージョンの目的
※図をクリックすると拡大表示できます。

新しい目的名はシステム側で自動的に選択されるため、広告管理ツールなどで設定した目的名と異なる名称が表示される場合があります。
※Yahoo!広告 検索広告 APIでは、v6より新しい目的名でコンバージョン測定の目的が表示されます。
新しい方式のコンバージョン測定の開始については、詳細が決まり次第お知らせします。

注意事項

  • 新レポートの提供開始に伴い、従来のレポートでのテンプレート作成は終了します。
    従来のテンプレートを使ったレポート作成は引き続き可能ですが、追って終了予定のため、新レポートでのレポートおよびテンプレートの作成をご検討ください。
  • コンバージョン測定の目的で「その他」を設定している場合、実施日以降のレポートでは以下の形で表示されます。
    - 従来のレポート: 現在のコンバージョン測定の目的のいずれかを表示
    - 新レポート: 新しいコンバージョン測定の目的のいずれかを表示
    こちらはシステム上の制約により発生するもので、任意の項目の選択はできません。お客様にはお手数をおかけして申し訳ありません。
  • Yahoo!広告 検索広告APIでは、バージョンv6より変更が適用されます。詳しくは以下を参照してください。
    Yahoo!広告 API v6 システムリリースについて


[Search Ads] changes on performance report

Product

Yahoo! JAPAN Ads Search Ads

Schedule

October 20, 2021
*Schedule may change without prior notice.

Overview

There are some changes on performance report in order to add functions in the future. The view of reports for “Conversion Tracking Purpose” will change at the same time.
New reports and templates created after the effective date will be output with the changed contents.
Check the following “4” and later for more details. Since there are many changes, download and check the following materials (PDF file) for details.

Specific changes on performance reports:

Changes in the new report and new template created after the effective date are as follows.

New report

The following new report will become available.
  • Landing page URL report
    *The existing “Landing page URL report” will change to “Final URL report”. This “Landing page URL report” is renewed report.
    You can see the values by measurement centered on the landing page URL (renewed item) displayed by clicking the ad.
  • Bid Adjustments Report
    You can output a list of bid adjustment rates set for campaigns and ad groups.
  • Site retargeting report (by campaign), Site retargeting report (by ad group)
    We will separate the site retargeting campaign to the two report, by campaign and by ad group.

Reports sunset

Following reports will become unavailable. When you use a template created before the effective date, you can continue to create the following reports.
  • Landing Page URL Report
    Use the successor, renewed “Landing page URL report.”
    *The English report name is same but its specification will change.
  • Site Retargeting Report
    Use the successor #site retargeting report# (by campaign) and #site retargeting report# (by ad group).

New items

Following reports will have new data items.
  • Geographic Performance Report
    - “Metro area” will be added
    - “City/Ward/District” will be changed to “Location”
  • Ad report, keyword report, ad display option report
    “Smartphone Landing page URL” will be changed to “smartphone final URL”.
  • Ad Display Option Report
    “Ad customizer” will be added.

Remove items

Some items will be removed from the following reports.
  • Campaign report, ad group report
    “Smartphone Bid Adjustment (%)”, “PC Bid Adjustment (%)”, “Tablet Bid Adjustment (%)” will be unavailable.
    *Use the new “bid adjustment report.”
  • Search Query Report (Dynamic Ads for Search)
    “Domain” and “Negative Keyword” will be unavailable.

Change items

Following items and notation will change.
  • Alternatives of the item “device” will change as follows.
    - Mobile devices with full browsers →Smartphone
    - Tablets with full browsers →Tablet
  • When the number is less than the number of valid digits, “0” was added at the end in the past, but “0” will not be added in the new report.
    Example: 1.3800 → 1.38
  • Change the notation when the value does not exist as follows
    - When the value is a numerical value, the notation of “0” (half-width number) and “-” was used in the past, but it will be unified to “0” only.
    - When the value is a string, the notation of “—” will be changed to a blank.
Some items will have the following changes at the same time. Change details are described on the PDF documents introduced on the preceding “3.”
  • Displays the value after the decimal point, which was previously truncated
  • Changed the value smaller than 10%, which was displayed as “0.1”, to “0.0999”
  • Changed the value larger than 90%, which was displayed as “0.9”, to “0.9001”
  • Changed the number of digits processing that was “rounded to the third decimal place” to “rounded to the fifth decimal place”
  • In case when an item including division is specified in the filter, the total line will be calculated if both the denominator and numerator items are specified in the display item Otherwise, the total row is displayed as “0”

Other changes *Details are described on the documents introduced on the preceding “3.”

  • Change items that could not be combined for each report
  • Change the output format of the label (JSON)
  • When the value of the “URL” item is different in the Search Query Report (Dynamic Ads for Search), it will be output as a separate data line even when “URL” is not selected in the display items.
  • In the new report, “Items to be extracted in the report” (excluding items without impressions) in “Report output settings” will be deleted.
    In order to prevent to output a large number of items without impressions, the initial setting of “impressions” of the “Filter” item will be set to “”1” or more” on the new report setting view. When you want to output items without impressions together on the report, remove this setting

Change on report of Conversion tracking purpose:

We plan to expand the new conversion measurement method, which is currently available only for app conversions, to all conversions such as for web pages. The “conversion tracking purpose” has been greatly expanded from several types to 19 types, making it easier for advertisers to select the purpose that suits the purpose of ads.

To support this change, when you set the “conversion tracking purpose” in the new report and output it, the current purpose of conversion analytics will be displayed with the new purpose name.
New conversion tracking purpose
*Click on the image above to enlarge.

Since the new purpose name is automatically selected on the system, a name different from the purpose name set on the Campaign Management Tool etc. may be displayed.
*On Yahoo! JAPAN Ads Search Ads API, “conversion tracking purpose” will be displayed with the new purpose name in API v6 or later.
We will make another announcement once the schedule and details are decided.

Precautions

  • After the new report release, creating a new template for previous reports will end.
    You can continue to create reports using existing templates, but we plan to end support for those templates, so consider creating reports and templates with new reports.
  • If “other” is set for “conversion tracking purpose,” contents will be displayed in the following format in reports after the effective date.
    - Existing reports: Show any of the current conversion tracking purposes
    - New reports: Show any of the new conversion tracking purposes
    This is caused by system restrictions, and you cannot select any item. We apologize for the inconvenience.
  • On Yahoo! JAPAN Ads Search Ads API, these changes will be applied on v6 and later. Refer to the following document for further details.
    Yahoo! JAPAN Ads API v6 release