【ディスプレイ広告】オーディエンス管理機能の提供開始について

English translation

更新履歴

2021年11月25日:本件の実施完了に伴い、記事を更新しました。
2021年11月4日:記事の掲載を開始しました。

対象サービス

Yahoo!広告 ディスプレイ広告

実施日

2021年11月24日(水)

概要

クライアントデータやYahoo! JAPANの持つオーディエンスデータを運用負荷なく活用するためのオーディエンス管理機能の提供を開始しました。
本機能の提供により、オーディエンスリスト(旧ターゲットリスト)と、オーディエンスソース(データソース)の管理が分けられるようになり、データの管理がしやすくなります。
なお、今後はクライアントデータソースの拡充とYahoo! JAPANの持つオーディエンスデータがより活用しやすくなるような機能を順次提供していく予定です。

機能追加、変更内容

オーディエンス管理機能の第一弾として以下の機能追加、変更を実施しました。

(1)オーディエンスリストターゲティングの新設

これまでサイトリターゲティングで利用していた「ターゲットリスト」を「オーディエンスリスト」に名称変更し、オーディエンスリストを利用したターゲティングの総称として「オーディエンスリストターゲティング」を新設しました。

補足

  • サイトリターゲティングはオーディエンスリストターゲティング機能の一つとして提供されます。
  • 名称の変更に伴い、パフォーマンスレポートやインポート用テンプレートの項目名も変更になりました。詳細は資料(PDF)をダウンロードしてご確認ください。

(2)オーディエンスリスト種別(旧ターゲットリスト種別)の変更

リスト種別に以下を追加しました。

  • ウェブサイト訪問ユーザー
  • 顧客データ

また、以下のリスト種別を名称変更しました。

  • (変更前)類似
  • (変更後)類似ユーザー

補足

  • ターゲットリストで提供されていた従来のリスト種別は、オーディエンスリストへの名称変更後も引き続きご利用になれます。 
  • 実施日以降、「カスタム」のオーディエンスリストの新規作成時は、連携データファイルのアップロードができなくなります。
    作成済みのリストを編集することで追加のファイルアップロードは可能ですが、今後、機能提供終了予定のため、同等の機能を持つ「顧客データ」のオーディエンスリストのご利用をお勧めします。

(3)オーディエンスソース管理画面の追加

オーディエンスリストのデータソースとなるオーディエンスソースの管理画面を追加しました。
オーディエンスソース管理画面では、サイトリターゲティングタグの確認ができます。

(4)デフォルトのターゲットリスト自動作成を終了

サイトリターゲティングタグ発行時に自動作成されていたデフォルトのターゲットリストは実施日以降、作成されなくなりました。

補足

すでに作成済みのデフォルトのターゲットリスト(名称はオーディエンスリストに変更)は引き続き利用可能ですが、今後提供を終了していく予定です。
デフォルトのターゲットリストと同等のリストを作成する方法については、資料(PDF)をダウンロードしてご確認ください。

ターゲティング設定項目の表示改善

広告グループの作成、編集画面におけるターゲティング設定項目を、カテゴリーごとにまとめた画面構成に変更しました。
カテゴリーごとに項目がまとまることで、よりターゲティングが選択しやすくなりました。

補足


[Display Ads] Audience management feature release

Product

Yahoo! JAPAN Ads Display Ads

Date

November 24, 2021 (Wed)
*This date is subject to change.

Overview

We will start providing an audience management feature to utilize client data and audience data of Yahoo! JAPAN without operational load.
By providing this feature, the management of the audience list (former target list) and the management of the audience source (data source) are separated, which makes it easier to manage the data.
We plan to expand the client data source and gradually provide features that make it easier to utilize the audience data of Yahoo! JAPAN in the future.

Changes:

The following features will be added or changed as the first audience management feature.

(1) New “Audience list targeting”

The “target list” used for site retargeting will be renamed to “audience list”, and “audience list targeting” will be newly established as a general term for targeting using the audience list.

Note:

  • We will provide the site retargeting feature as one of the audience management feature.
  • Along with the renaming, item names on the performance report and importing template will change at the same time.
    More details are described on the PDF document.
  • On the day of our system implementation, an error may occur if you edit regular reports containing any reporting items that names changed on the Campaign Management Tool. Wait for a while and try again.

(2) Changing the audience list type (previous target list type)

We will add the followings to the list type.

  • Website visitors
  • Customer data

The following list type names will also change.

  • [Before] Similar
  • [After] Similar audience

Note:

  • The existing list types provided in the target list will continue to be available after the name change to the Audience list. 
  • After the released date, you can no longer upload linked data files when creating a new “custom” audience list.
    Additional file uploads are available by editing the list already created. But because the feature is scheduled to discontinued in the future, we recommend that you use the “Customer data” audience list that has the same feature.

(3) Audience source view

we will provide the audience source management view to manage data source for the audience list.
You can check the site retargeting tags on the audience source view.

(4) The automatic creation of default target list will end

The default target list that was automatically created when the site retargeting tag was issued will no longer be created after the release date.

Note:

The default target list that you have already created (renamed to “Audience list”) will continue to be available, but will be discontinued in the future.
Learn about how to create a list similar to the default target list on the PDF document.

Targeting settings

Targeting setting items on the views of creating and editing ad group will change to the views organized by each category.
By organizing items by category, it will be easier to select targeting.

Note:

More details are described on the following PDF document.
Audience management feature